サービス終了のお知らせ
後鳥羽天皇
▼人気記事ランキング
4.怨霊としての後鳥羽院
配流後の嘉禎3年(1237年)に後鳥羽院は「万一にもこの世の妄念にひかれて魔縁(魔物)となることがあれば、この世に災いをなすだろう。我が子孫が世を取ることがあれば、それは全て我が力によるものである。もし我が子孫が世を取ることあれば、我が菩提を弔うように」との置文を記した[13]。また同時代の公家平経高の日記『平戸記』には三浦義村北条時房の死を後鳥羽院の怨霊が原因とする記述があり、怨霊と化したと見られていた[14]。顕徳院から後鳥羽院への追号の変更はそうした怨霊説の払拭の意味もあったと考えられているが、別の角度からの見方として怨霊説は後鳥羽院が生前に志向していた順徳天皇系による皇位継承には有利な言説で、土御門天皇系である後嵯峨天皇の即位に対する批判の根拠に成り得たからとする説もある[15]

[4]前ページ
(3.後世の評価)
[6]次ページ
(5.御所焼・菊紋)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/22 15:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant