戸板落とし
▼人気記事ランキング
概要
戸板落とし(といたおとし)は、猟具のひとつである。
丈夫な戸板を地面に伏せ置き、その一辺の中央に支柱を立て、地面とは一辺で接するように斜めに傾け、戸板の上にはなどの重しを置き、戸板の下の地面にはを置き、獲物を誘う。
餌の置き方には2つある。
餌を引くとそれと同時に支柱が倒れ外れて獲物を圧する方法。
支柱の下方にあらかじめ綱を結びつけておき、獲物が戸板の下にはいったら綱を引く。常時監視していなければならないという不便がある。
獲物には、キツネタヌキクマのような大型のものがふつうであるとされ、キジウサギイタチなどにも用いられたという。

禁止猟法としての戸板落とし[編集]

日本鳥獣保護法においては、戸板落としは獲物の圧殺を目的としていることから、梯子に似た格子を用いた「格子落とし」および、イタチなどの小型獣捕獲を目的とした箱罠の一種である「箱落とし」ともども、おしという名称で一律に禁止猟具に指定されている。
ただし、箱落としに関しては箱の途中に蓋が一定以上落ちないように、さん木を打って鳥獣の圧殺を防ぐような構造(閉じ込めによる捕獲のみを目的)とすることで、引き続き罠猟の法定猟具として使用が可能である。

関連項目[編集]

狩猟

出典:Wikipedia
2018/01/04 20:32
ソ人気記事ランキング
2019/06/19 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位6月18日
 4位高橋克也 (オウム真理教)
 5位進撃の巨人の登場人物
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant