古代日本の地方官制
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
古代日本の地方官制(こだいにっぽんのちほうかんせい)は、日本国の古代の時代において施行されていた地方行政の制度である。701年(大宝元)に制定された大宝律令で国・郡・里の三段階の行政組織に編成された。
目次
1.地方官制のはじまり
├1.1.県(アガタ)
├1.2.県(コホリ・コオリ)
├1.3.国造(くにのみやつこ)
└1.4.氏姓制度
2.律令制下の地方官制・行政組織
├2.1.国評里制
└2.2.国郡里制
3.交通制度
├3.1.五畿七道
└3.2.駅伝制(伝馬制)
4.京職
5.一時的な地方官制
6.社会情勢の変化による官制
├6.1.節度使・鎮撫使
├6.2.大宰・惣領
└6.3.道制
7.その他の施策
8.戸籍制度・地方行政組織関連の年表
9.脚注
10.関連項目
出典:Wikipedia
2018/06/06 17:30
ソ人気記事ランキング
2019/05/27 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位インデペンデンス・デイ
 5位研音グループ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant