古代ギリシア
▼人気記事ランキング
5.文化
5.2.文学
古代ギリシアにおける文学の出発点はホメロスの叙事詩『イリアス』と『オデュッセイア』である。これはミケーネ時代に口承で伝えられたものがアルファベットの確立によって固定化された。この叙事詩はヨーロッパにおける最古の文学作品である[48]。さらにはホメロスと並んで評されるヘシオドスは『仕事と日々』や『神統記』に、前古典期の精神の覚醒を著した。その他叙事詩では断片ではあるがアルキロコスサッフォー、テオグニス、ピンダロスなどやピュタゴラスクセノファネスなども生れた[49]

古典期に入ると、アテナイで多くの文化が生まれた。アイスキュロスソフォクレスエウリピデスなどの三大悲劇詩人や喜劇詩人としてアリストファネスが生まれた。そのほかにも歴史家トゥキュディデスヘロドトスが生まれ、さらに哲学の分野ではソクラテス、弟子のプラトン、孫弟子のアリストテレスらも存在を示した。そのほかに弁論家リュシアスデモステネスらが生まれ弁論(レトリック)も発達した[50]

[4]前ページ
(5.1.ギリシア文字)
[6]次ページ
(5.3.宗教)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/01 22:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/18 更新
 1位日本
 2位軽井沢スキーバス転落事故
 3位1月17日
 4位平清香
 5位ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant