古代ギリシア語
▼人気記事ランキング
8.現代における古代ギリシア語
20世紀初頭までは、西洋の教育制度においてラテン語と古代ギリシア語の学習はカリキュラム内で重要な位置を占めていた。今でもヨーロッパでは、イギリスパブリック・スクールやグラマー・スクール、イタリアの文科高等学校、ドイツの文科系ギムナジウムのような伝統校・エリート校では、古代ギリシア語が必修科目や選択科目となっていることがある。たとえばドイツでは2006年7月現在、15000人の生徒がギリシア語を学んでいる(ドイツ連邦統計局調べ)。ドイツ以外にも、世界中の主要な大学で西洋古典学としてラテン語とともに今なお教えられている。

フランスでは中学2年からラテン語と古代ギリシア語を学ぶことが出来る。

教育以外の現場での用例としては、ヨーロッパ諸言語で専門用語を新造するときが挙げられる。文学界では例外的に、ヤン・クルジェサルドが韻文・散文を書いたことがある。また、『アステリックス』がアッティカ方言版で何巻か出版されているほか、『ハリー・ポッターと賢者の石』の古代ギリシア語訳もある。

主にギリシア国内に限定されるが、敬意・賞賛・嗜好を示したい団体や個人によって用いられることもある。現代のギリシア人が部分的であっても古代ギリシア語(アルカイック期は除く)を理解できるという事実は、現代ギリシア語とその先駆となる言語の密接な関係を物語っている。

[4]前ページ
(7.例文)
[6]次ページ
(9.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/07 16:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant