個人主義
前世占い|性格診断|おうし座
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
個人主義(こじんしゅぎ、、)とは、国家社会権威に対して個人権利自由を尊重することを主張する立場。あるいは共同体国家民族の重要性の根拠を個人の尊厳に求め、その権利義務の発生原理を説く思想。ラテン語のindividuus(不可分なもの)に由来する。対語は、全体主義集団主義
個人主義は集産主義に反対する。西洋諸国は個人主義的で、個人主義の概念は西洋文化にあり、古代スカンジナビアのイデオロギー・ギリシャ哲学キリスト教などに影響がある(注1)(注2)ゲルマン人は非常に個人主義的である(注3)。非西洋諸国は集産主義社会である。(注4)
個人主義と「利己主義」は同一ではない。個人主義は個人の自立独行、私生活の保全、相互尊重、自分の意見を表明する、周囲の圧力をかわす、チームワーク、男女の平等、自由意志自由貿易に大きな価値を置いている。個人主義者はまた、各人または各家庭は所有物を獲得したり、それを彼らの思うままに管理し処分する便宜を最大限に享受する所有システムを含意している。

1.Southern Illinois University Press「Sweden, Enlarged Edition: The Nation's History」Franklin D. Scott ISBN 978-0809314898, 1988年 p.31
2.ワシントン州立大学 http://public.wsu.edu/~hughesc/individualism.htm
3.PHP研究所「日本人が知らないヨーロッパ46ヵ国の国民性」造事務所 ISBN 978-4569760322, 2013年
4.http://culturematters.com/what-is-individualism/

恋愛占い|運命の赤い糸|結婚
脱毛|愛内里菜|ふたご座
ギフト選びなら楽天市場へ
結婚祝い・出産祝い・内祝い…贈るシーン別に探せる♪
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.歴史
2.特徴と類型
3.参考文献
4.関連文献
5.関連項目
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2017/04/20 22:39
しし座|霊視|金融
転職|無料ゲーム|姓名判断
この記事を共有する
「個人主義」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/06/24 更新
 1位小林麻央
 2位豊田真由子
 3位宮崎勤
 4位加藤一二三
 5位市川海老蔵 (11代目)
もっと見る>>
いま読まれている記事
理想の上司|低血圧|ひぐらしのなく頃に|羽賀研二|個人主義
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant