言語
▼人気記事ランキング
4.言語の生物学
4.2.ヒトの発達における言語機能の獲得
これも多方面から研究されている。個人の言語能力は、全体的な知的能力とは乖離することがあり(例として読字障害ウィリアムズ症候群自閉症など)、個体発生やヒトの進化における言語の起源などにヒントを与えている。また、ヒトは環境の中で聴取する音声から自力で文法などの規則を見出し学習する機能を生得的に(=遺伝的に)備えているため、特に教わらなくても言語を学習できるとする考えも存在する。(詳しくは生得説を参照)

最近の近赤外線分光法を用いた研究において、生後2〜5日の新生児が逆再生よりも順再生の声を聞いたほうが、あるいは外国語より母国語を聞いたときの方が聴覚皮質の血流増加が大きかったと報告されており(Pe?aら,PNAS,2003)、出産前から母体内で言語を聴いていることが示唆される。

[4]前ページ
(4.1.言語に関する脳の領域)
[6]次ページ
(6.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/29 16:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/21 更新
 1位日本
 2位千と千尋の神隠し
 3位玄倉川水難事故
 4位8月20日
 5位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant