サービス終了のお知らせ
言語島
▼人気記事ランキング
概要
言語島(げんごとう)または言語の島(げんごのしま)とは、長い間周辺部との交流が隔絶されたり、別言語を話す集団が大量移住してきたりしたために、周囲とは異なる特徴を持つ言語が分布している状態のことである。
孤立した言語」は、系統的に近い言語が(遠方も含めて)存在しないことを指し、言語島とは別の概念である。

日本語における言語島の例[編集]

周囲からの隔絶によるもの - 山岳による例が多い。
奥吉野方言奈良県吉野郡南部) - 周辺部と異なり東京式アクセントである(周辺部は京阪式)。アクセント以外の発音や文法も周辺部とは異なる点が多い。
奈良田方言山梨県早川町奈良田) - 中輪東京式アクセントから変化した特殊アクセントを用いる(周辺部は東京式)。四つ仮名を区別する。
井川方言静岡市井川村) - 無アクセント(周辺部は東京式)。古い表現が残っている。
白峰方言 -周囲の加賀弁とは特徴が異なる。
秋山郷方言長野県栄村新潟県津南町) - 周辺部とは音韻体系や文法が異なる。
大鳥方言・三面方言山形県鶴岡市大鳥、新潟県村上市三面)-中舌母音がなくアクセントが周囲と異なる。
大量移住によるもの
東京方言江戸言葉山の手言葉)・首都圏方言 - 江戸幕府が開かれてから今日に至るまで、日本各地から武士・商人・労働者など様々な階層の人間が流入して発展してきた都市であるため、主に文法面で、周辺の西関東方言とは異なるものが多い。
北海道新十津川町 - 奈良県十津川村からの集団移住者がほとんどであるため、文法やアクセントが周辺部とは異なる。また、十津川弁は上述の奥吉野方言に属するため、「言語島の住民が移住して新たな言語島を形成した」という非常に珍しい事例である。

海外における言語島の例[編集]

大量移住もしくは周囲の同化によるもの
ルーマニア国内におけるハンガリー語 - トリアノン条約でハンガリー領からルーマニア領に変わったのちもハンガリー語話者が留まり続けたため。
ユダヤ諸語
ソルブ語 - ドイツ語話者に包囲されたため。
アルゲーロ - カタルーニャ移民が発展させた町であるため、サルデーニャにありながらカタルーニャ語の一種が使用される。
バスク語 - ロマンス語話者に包囲されたため。
ブラーフーイー語 - インド・ヨーロッパ語族話者に包囲されたため。ドラビダ語族には同様に言語島となったものがいくつかある(下図参照)。
ケベック・フランス語 - 17世紀頃フランス領時代にフランス各地から多くの移民が入植したため。
マラガシ語 - 紀元前5世紀、ボルネオ南東部から移住してきたため。
周囲からの隔絶によるもの
ブルシャスキー語 - 山岳による。
ヴォート語 - 川や湖により交通が不便なため。

参考文献[編集]

大野晋柴田武編『岩波講座 日本語11方言』岩波書店
出典:Wikipedia
2018/06/27 17:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/16 更新
 1位日本
 2位槇原敬之
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant