現代日本思想大系
▼人気記事ランキング
1.概要
幕末期から第二次世界大戦後に至るまでの日本思想史上の重要著作を収録し、各巻冒頭で編者による「解説」、巻末に各著作の「著者略歴」、「関係略年表」を付している(同じ頃、筑摩書房から刊行されていた『現代日本文学大系』(全97巻)がやはり明治維新以後の日本の文学作品を収録対象とした全集であり、姉妹企画としての位置づけがなされていたと思われる)。
巻構成は著者別編集の9巻(福沢諭吉内村鑑三鈴木大拙河上肇西田幾多郎田辺元和辻哲郎柳田國男三木清の著作を扱う)と、全巻の2/3以上を占める主題別編集の29巻に大別され、後者の編集にいくつかの新機軸が見られた。すなわち第9巻「アジア主義」のようにそれまで日本近代史上の負の遺産と考えられていたためきちんとした学問的研究がなされなかったもの、あるいは第10巻「権力の思想」のように狭義の思想史研究の視野に入ってこなかったものに独立した巻を充てている点などである。
第1巻配本は1963年6月刊の第15巻「社会主義」で、1968年2月刊の第22巻「西田幾多郎」をもって全巻の刊行が完結した。
[6]次ページ
(2.全巻の内容)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/11/01 16:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant