サービス終了のお知らせ
幻想文学
▼人気記事ランキング
3.日本における受容
大正末から昭和初期にかけて、雑誌『新青年』などでは江戸川乱歩夢野久作などの怪奇幻想趣味、あるいはエログロナンセンスと呼ばれる作風が一世を風靡し、また日夏耿之介は「神秘文学」「恠異派文学」として東西古今の怪奇・幻想作品の紹介を行った。国枝史郎などによって伝奇小説というジャンルも生まれる。

1950年代から澁澤龍彦によるフランス文学における幻想小説、怪奇小説の紹介、平井呈一による英米怪奇小説の紹介が始まり、1956年にハヤカワ・ミステリで『幻想と怪奇 英米怪談集』2巻が刊行。並行して澁澤の創作「犬狼都市」や、中井英夫「とらんぷ譚」連作などが発表され、1966年に『世界の異端文学』(桃源社)が刊行されて澁澤の存在が注目され、徐々に分野として認知されるようになった。『ミステリマガジン』誌では1967年から定期的に「幻想と怪奇」特集が組まれ、1968年には『血と薔薇』創刊、1970年代には『ユリイカ』誌上での澁澤龍彦、種村季弘由良君美らが読者の空想を掻き立て、紀田順一郎荒俣宏編集による『世界幻想文学大系』が出版される。中間小説誌でも赤江瀑皆川博子がデビューし、1973年から1974年には雑誌『幻想と怪奇』が発行、『S-Fマガジン』誌では山尾悠子などが見いだされた。1980年頃からは日本の明治以降の文学作品の中における幻想的な作品を幻想文学として位置付けたアンソロジーも出版されるようになり、1983年には季刊誌『幻想文学』が発刊(2003年終刊)、出版界におけるジャンルの一つとして確立されるに至った。

詩歌の世界においては、中井英夫に見いだされた塚本邦雄寺山修司らの前衛短歌運動により、幻想的な表現が注目された。

1980年代以降では村上春樹多和田葉子長野まゆみ諏訪哲史などの作品にとりわけ詩的な幻想性がみられる。

[4]前ページ
(2.5.大衆化)
[6]次ページ
(4.幻想文学の賞)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/01 09:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant