サービス終了のお知らせ
幻想文学
▼人気記事ランキング
2.幻想文学の系譜
2.3.文学潮流
近代におけるその系譜は、たとえばイギリスゴシック・ロマンスロマン派などといった潮流となり、19世紀には後期ロマン派、特にE.T.A.ホフマンの作品が各国に大きな影響を与えた。

19世紀には、幻想文学論「文学における幻想について」(R?veries litt?raires, morales et fantastiques、1832)を書いたシャルル・ノディエや、テオフィル・ゴーティエら小ロマン派と呼ばれる作家達が活動し、コント・ファンタスティック(Conte Fantastique)という分野を形成する。またスウェーデンボルグなどの神秘思想に影響された作品(バルザック「セラフィタ」など)や、悪魔崇拝を題材にした作品(ユイスマンス『彼方』など)も生まれた。ドイツやフランスのロマン派作品が翻訳されたイギリスでは、産業革命によって押し進む合理主義社会で、人間性回復のための文学として、ジョン・ラスキンなどによる妖精物語が復権する。さらにラファエル前派や、フェビアン協会キリスト教的社会主義の影響を受けながら、昔話とは異なる別世界を舞台にしたチャールズ・キングスレールイス・キャロルジョージ・マクドナルドなどの物語が生み出された。[8] 世紀後半には象徴派リラダンなどによる作品が生まれ、20世紀にはハンス・ハインツ・エーヴェルスドイツ語版フランツ・カフカなど表現主義作家の作品、アンドレ・ブルトンらのシュルレアリスムや、レーモン・ルーセルの実験的作品が書かれた。ロシアでは、ロマン主義や象徴主義の影響を受けた、プーシキンウクライナの伝説を小説化したゴーゴリチェーホフアレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイらの怪奇的、幻想的な作品がある。20世紀にもザミャーチンブルガーコフの風刺的な作品が書かれたが、社会主義リアリズムによりほぼ黙殺される状態が続き、ソ連崩壊によってそれらの再評価がなされている。

[4]前ページ
(2.2.伝説の再発見)
[6]次ページ
(2.4.東アジアの系譜)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/01 09:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant