サービス終了のお知らせ
幻想文学
▼人気記事ランキング
1.概説
ゴシック趣味にもとづく超自然的現象を装飾文体で語るゴシック・ロマンス(ゴシック小説)では、マシュー・グレゴリー・ルイスアン・ラドクリフなどが挙げられる。また、近代小説と分類される作家では、ゴーゴリドストエフスキーディケンズ、日本では夏目漱石森鴎外芥川龍之介川端康成谷崎潤一郎などが、超自然に材を取った作品を残している。この分野では、モダニズムの作家であるカフカナボコフベケットプルーストジョイスらの作品が幻想文学に位置づけられることもある。また、事象を現実世界への無意識の侵入をテーマ化するシュルレアリスムも含むことがある。

ただし、定義の範囲を最も広げて、「神秘空想の世界を描いた文学全般」とすると、その範疇はかなり曖昧になる。

神話民話寓話叙事詩の一部にもその傾向はある、とも言える。[2]近代以前では、ローレンス・スターンの『トリストラム・シャンディ』も「幻想文学」とされることがあるので、近代小説成立以前にも多くの幻想文学作品が存在していた、とも言える。

現代に入ると、ポストモダニズムの先鞭となる、古来からある神話的・民話的モチーフを取り入れ、寓話風の作品を書く作家が現れた。代表的なものとして、カルヴィーノ「我らの祖先」三部作や澁澤龍彦タブッキ、ウィンターソンのアンジェラ・カーターなどが挙げられる。これらと並行した時期に、南米のマジックリアリズム作家、ガルシア=マルケスホルヘ・ルイス・ボルヘスマヌエル・プイグホセ・ドノーソらがいる。幻覚を扱った作品では、いくつか類別することができる。ジェラール・ド・ネルヴァル「オーレリア」[3]夢野久作ドグラ・マグラ」、色川武大『狂人日記』は、狂気や精神障害、錯乱による幻覚を扱った作品である。ウィリアム・S・バロウズなどは、ドラッグによる幻覚を扱った。ほかには、事象が幻覚であり、現実に起きていないことを認識した上でその幻覚を描く作品を、内田百間日野啓三が残している。

神の啓示や霊的なもの、天使悪魔魔女魔術錬金術などにまつわる物語については、神秘文学オカルト文学といった呼び方をすることもある。風刺のために架空の土地や世界を舞台にしたり、空想的な冒険を描く作品として、シラノ・ド・ベルジュラック『太陽の諸国諸帝国』やジョナサン・スウィフトガリバー旅行記』なども幻想文学として扱われる。サドマゾッホバタイユアンドレ・ピエール・ド・マンディアルグと言った性愛の幻想を描いた作家も、耽美、異端といった表現で幻想文学に入れられることもある。

ツヴェタン・トドロフ(『幻想文学論序説』)は、M.R.ジェイムズ(Ghosts and Marvels)やオルガ・ライマン(Das M?rchen bei E.T.A.Hoffmann)などを引いて、幻想とは現実と想像(超自然)の間で読者に「ためらい」を抱かせるもので、それは「恐怖」と「驚異」の中間にあるものとするが、H.P.ラヴクラフト(Supernatural Horror in Literature)は読者に誘発する感情の強さのために「恐怖」を重要視し、ピーター・ペンゾルト(The Supernatural in Fiction)やカイヨワ(『幻想のさなかに』)も「恐怖」や「奇異の感情」を幻想の要素としている。マルセル・シュネデール『フランス幻想文学史』は、「幻想とは内奥の空間を探求するもの」[5]とする。

フランス語fantastique英語fantasyドイツ語Phantasieなどは、それぞれの歴史的経緯から意味はまったく同じではないが、元はギリシア語phantastik?から、ラテン語fantasticumを経て生まれたと推測されている。幻想文学的作品にFantastiqueの語を用いるようになったのは19世紀フランス・ロマン派の人々で、この分野の研究はフランスで進み、ツヴェタン・トドロフ『幻想文学論序説』(Introduction ? La Litt?rature Fantastiaue, 1970年)が各国に翻訳、紹介されて、Fantasticの語が文芸用語として認知されるようになった[6]

日本では『哲学字彙』(1881年)でHallucinationの訳語として「幻想」が使われたが、その後心理学・哲学の領域では「幻覚」に定着。『訂増英華字典』(1883年)で、FancyFantasm等の訳語として「幻想」が使われた[7]

[6]次ページ
(2.1.源流)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/01 09:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant