原子論
▼人気記事ランキング
1.古代ギリシャの原子論
古代ギリシアでは、まず物体は限りなく分割されうる構成要素「スペルマタ」より成ると想定したイオニア学派のアナクサゴラスが議論に先鞭をつけた。これに対して師弟関係にあるレウキッポスデモクリトスエピクロスらの一派が、不可分の粒子である原子が物質を構成する最小単位であるという原子論を唱えた。

古代ギリシャの原子論は、広く人々に受け入れられたとは言い難く、その後2000年ほどの間、ヨーロッパにおいては大半の人々からは忘れ去られた考え方となっていた。

[6]次ページ
(2.イスラームの原子論)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/14 12:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant