サービス終了のお知らせ
鍵のかかる部屋
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
鍵のかかる部屋』(かぎのかかるへや)は、三島由紀夫短編小説戦後まもない日本の混乱期における一青年の頽廃的な内面を描いた作品である。敗戦から2年半の無秩序な雰囲気が漂う時代、財務省(当時は大蔵省だが、作中で「財務省」となっている)に入省したばかりのエリート官吏の青年が、或るコケティッシュな少女へサディスティックな幻想を抱く物語。現代人の疎外感を内的に描き、時代精神をも表現している作品である[1][2][3]
1954年(昭和29年)、文芸雑誌『新潮』7月号に掲載され、同年10月15日に新潮社より単行本刊行された[4][5][6]。なお、1970年(昭和45年)6月には、純金象嵌番号鍵がはめこまれて、国電四谷駅入場券や主人公の名刺が添付された作者署名入り豪華限定版が刊行された[7]。文庫版は1980年(昭和55年)2月に新潮文庫で刊行されている[6]
目次
1.あらすじ
2.登場人物
3.作品背景
├3.1.時代
└3.2.文体・作風
4.作品評価・研究
5.おもな刊行本
└5.1.全集収録
6.脚注
7.参考文献
出典:Wikipedia
2019/05/30 20:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant