権力分立
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
権力分立(けんりょくぶんりつ、けんりょくぶんりゅう、英:separation of powers)とは、権力が単一の機関に集中することによる権利の濫用[1]を抑止し、権力の区別・分離と各権力相互間の抑制・均衡を図ることで、国民の権利・自由の確保を保障しようとするシステム[1][2]である。対義語は権力集中(権力集中制)。
なお、権力分立の典型例としては立法・行政・司法の三権分立(さんけんぶんりつ、さんけんぶんりゅう)が挙げられるが[3]地方自治制など他の政治制度にも権力分立原理はみられる[4][5]#概説を参照)。権力分立は国家全体についてみると、まず、中央と地方との権限分配がなされ(垂直的分立)、ついで中央・地方でそれぞれ水平的に分配されることになり(水平的分立)、中央では立法・行政・司法の三権に水平的に分配されていることになる[5]
目次
1.概説
2.歴史
3.権力分立の基本原理
├3.1.権力の区別分離
├3.2.権力の抑制均衡
├3.3.権力分立の特性
└3.4.現代的変容
4.日本における権力分立
├4.1.権力分立前史
├4.2.大日本帝国憲法下の権力分立
└4.3.日本国憲法下の権力分立
5.脚注
6.参考文献
7.関連項目
出典:Wikipedia
2019/09/05 11:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/15 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月14日
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant