建築史
▼人気記事ランキング
3.西洋建築史
3.5.ロマネスク建築およびゴシック建築
10世紀以降の西ヨーロッパで興った独自の建築であるが、古典主義建築の隆盛とともに粗野なもの(=ゴート風「gothic」)とみなされ、建築造形としては廃れてしまう。19世紀になるとロマネスクの概念が生まれるとともに、ゴシック建築が再び注目され、リヴァイヴァル運動(ゴシック・リヴァイヴァル建築)が起こった。

イスラム教の広くて長い歴史は、 Abbasid 、 Persian 、 Moorish 、 Timurid 、 オスマン建築(Ottoman) 、 Fatimid 、 Mamluk 、 Mughal 、 Indo-Islamic 、 Sino-Islamic 、およびAfro-Islamic建築を含む、多くの地元の建築様式を生み出してきました。 注目すべきイスラム建築タイプには、初期のAbbasidの建物、Tタイプのモスク、そしてアナトリアの中央ドーム型のモスクがあります。 イスラム教は偶像崇拝を奨励していません。それ故に建築はそれからの場面の実例よりもむしろコーランからのアラビアカリグラフィーで飾られる傾向がある。

Persian architecture: Shah Mosque, Isfahan, Iran.
Mughal architecture: Badshahi Mosque, Lahore, Pakistan
Ottoman architecture: Blue Mosque, Istanbul, Turkey
[4]前ページ
(3.4.ビザンティン建築)
[6]次ページ
(3.6.古典主義建築)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/18 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/18 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位凪沢怜奈
 5位池田大作
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant