▼人気記事ランキング
7.月面の地名
7.1.クレーター
アサダ
アッベ
アーベル
アベンエズラ
アボット
アポロ
イネス
エラトステネス
グーテンベルク
クラビウス - 直径230km、地球から見える月面上のクレーターの中でも1・2を争う巨大クレーター。多角形が特徴。クリストファー・クラヴィウス(ドイツ出身の数学者・天文学者)が名の由来。
ゴクレニウス
コペルニクス
ジョルダーノ・ブルーノ - 1178年に月面で発光現象が観測されたという記録があり、かつてはこの時にできたクレーターだと考えられていた。かぐやによる観測で実際には100万年から1000万年前に形成されたことが明らかになったが、月面にある直径10km以上のクレーターの中で最も新しいことに変わりはない[52][53]
ティコ
プトレマイオス
ワン・フー
ダーウィン
[4]前ページ
(6.14.1990年代以降の月探査機一覧)
[6]次ページ
(7.2.山・山脈)

52. 「月面クレータ、ジョルダノ・ブルーノの形成年代に関する研究成果」会津大学先端情報科学研究センター
53. 『月のかぐや』JAXA宇宙航空研究開発機構・編、新潮社2009年)22ページ

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/11/18 08:01
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant