サービス終了のお知らせ
▼人気記事ランキング
6.人間と月の関係の歴史
6.11.月旅行を描いた小説
ギリシャ時代に書かれたルキアノスの『イカロ・メニッパス』では、翼をつけてオリンポス山から飛び上がることで月に行く様子が描かれている。

シラノ・ド・ベルジュラック1656年に『月世界旅行記』を書いている。ムルタ・マクダーモットは1728年に『A Trip to the Moon』を出版した[41]

1865年1870年にはフランスの作家ジュール・ヴェルヌは小説『月世界旅行』を発表した。これは、南北戦争終了後のアメリカ合衆国において、「大砲クラブ」なる火器の専門家集団が巨大な大砲を製造して、人間が入った大きな砲弾に着陸・帰還用のロケットエンジンを搭載して月に撃ち込むことで人を送り込もうとする、という物語である[注 8]1901年には『月世界最初の人間』がハーバート・ジョージ・ウェルズによって著された。そのほかにも、ジョン・W・キャンベル『月は地獄だ!』やロバート・A・ハインライン『月を売った男』のように初の月面到達を描いた小説はいくつも書かれている。

日本では1882年6月に貫名駿一が『星世界旅行 千万無量』[42]1888年井口元一郎が『夢幻現象政海之破裂』[43]1906年羽化仙史が『月世界探検』[44]1915年には石松夢人が『怪飛行艇月世界旅行』を著した[45]

[4]前ページ
(6.10.17世紀以降の月理学の発展)
[6]次ページ
(6.12.冷戦時代の無人探査と有人探査)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/04 20:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant