サービス終了のお知らせ
▼人気記事ランキング
6.人間と月の関係の歴史
6.8.月の模様のみたての伝統
日本では、月の海をウサギが餅つきをしている姿に見立てることがある(月の兎)。古代中国でも月の模様をウサギの姿とする見方があり、月のことを玉兎(ぎょくと)と呼ぶ。月とウサギとの由来はインド仏教説話集『ジャータカ』からとされる。また、玉兎の他に仙女(嫦娥)や蟾蜍(ヒキガエル)だという言い伝えもある。西洋においては、月の模様をカニの姿や編み物をする老婦人とみたものがある。また、ネイティブアメリカン(インディアン)には、月の模様を女性の顔と見る慣習がある。北アメリカ東欧では白い部分を女性の横顔に見たてている。
北ヨーロッパでは呪われて月に送られた男と見立てられており、『マザー・グース』に収録されたThe man in the moonは、その伝承を基にしたものである[40]安息日を無視して薪を背負っていた、キャベツを盗んだなど、男が呪われた理由は地域によって異なる。

[4]前ページ
(6.7.日本の伝統)
[6]次ページ
(6.9.月を見ることに関する伝承)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/04 20:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant