血まみれの道
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
血まみれの道(ちまみれのみち)[1]とは、ランドマーク・バプテストの著作物[2]アナバプテストキリスト教教派の中でもっとも古く、浸礼による信仰者へのバプテスマが唯一の正しいバプテスマであり、その継承者がランドマーク派のバプテストであるとする。自らプロテスタントであることを否定している。
目次
1.内容
├1.1.歴史
└1.2.根本教理
2.教会の歴史
├2.1.カトリック教会の歴史
└2.2.クリスチャンの歴史
3.脚注
4.関連項目
5.外部リンク

1. 田嶋浩次訳のほかに、つるまき聖書チャペル牧師 関修司監修、同宣教師 大山晃平訳『血の足跡』2003年(平成15年)が出版されている。
2. William Hull, "William Heth Whitsitt: Martyrdom of a Moderate," Distinctively Baptist: Essays on Baptist History, ed. Marc A. Jolley, John D. Pierce, pp. 237-78, p. 255, note 70.

出典:Wikipedia
2015/06/28 23:32
ソ人気記事ランキング
2019/11/13 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位11月12日
 4位IT (映画)
 5位田代まさし
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant