吸血鬼すぐ死ぬ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
吸血鬼すぐ死ぬ』(きゅうけつきすぐしぬ、The Vampire dies in no time.)は、盆ノ木至による日本漫画作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で2015年30号[2]から連載中。略称は『吸死』。
2013年上期の第80回・別冊少年チャンピオン合同新人まんが賞において、盆ノ木は同名作品(16ページ)で佳作を受賞。審査発表時の煽り文句は「怒涛のネタ量!!」。審査員の評価コメントもおおむね好評であり、辛口コメントとしては、「タイトルにもうひとひねり欲しい」(小沢としお)、「絵は上手いが生気が足りない」(渡辺航)、「ギャグが少年誌向きではない」(渡辺航)、「舞台がふわっとしている」(渡辺航)といったものがあった。受賞作品は『週刊少年チャンピオン』2013年30号(2013年6月27日発売)に掲載され、これが盆ノ木のデビュー作となっている[3]。2014年に『週刊少年チャンピオン』で「マリリーン大魔法研究所」(全3回)の集中連載を経て、本作の連載に至る。
一般的に吸血鬼は不死身とされるが、その一方で日光、十字架、ニンニクなど弱点が多い存在とされている。本作は吸血鬼の「意外な脆さ」を強調し、デフォルメすることでギャグ漫画に仕立て上げている[4]。実際、主人公の1人である吸血鬼ドラルクは弱点を突かれるだけではなく、ほんの些細なことで死亡し、灰になってしまう。ただし、不死身でもあるので、すぐに灰から再生する[4]。なお、コミックス1巻は総ページ数156ページであるが、58回死亡している[4]
目次
1.あらすじ
2.登場キャラクター
├2.1.ロナルド吸血鬼退治事務所
├2.2.吸血鬼対策課
├2.3.吸血鬼退治人組合(バンパイアハンターギルド)
├2.4.新横浜吸血鬼研究センター<VRC>
├2.5.オータム書店
├2.6.吸血鬼
└2.7.その他の登場キャラクター
3.作中の用語
4.書誌情報
5.そのほか
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/13 01:04
ソ人気記事ランキング
2020/01/21 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位清美川梅之
 5位麒麟がくる
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant