吉澤ひとみ
▼人気記事ランキング
1.略歴
2000年

4月、テレビ番組ASAYAN』内で行われた「モーニング娘。第3回追加オーディション」にて石川梨華、希美、加護亜依と共に合格。この時、番組内で吉澤の教育係として矢口真里がつけられた。
5月、『モーニング娘。コンサートツアー春 ダンシング ラブ サイト』の 日本武道館での公演でコンサートデビュー。
7月、プッチモニに加入。
2001年

10月、13thシングル「Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜」でメインパートを務めた。
2003年

11月、フットサル・ハロプロ選抜チーム(後のGatas Brilhantes H.P.)のキャプテンとなる。
12月、当時放送されていた『あなたがいるから、矢口真里』にゲストとして登場し生放送の深夜放送に進出。
2005年

1月、当時のリーダー飯田圭織の卒業に伴い矢口がサブリーダーからリーダーに昇格したため、第3代サブリーダーに就任。
4月、矢口の脱退に伴い、急遽4代目リーダーに昇格。
2006年

1月、アディダス主催のベストジャージスト賞にガッタスが特別賞を受賞。その代表として石川・藤本美貴とともに表彰式に参加。
1月、「Hello! Project 2006 Winter 〜全員集GO!〜」内で28-29日の2日間限定で2期プッチモニが復活。3期のメンバーと共に「BABY!恋にKNOCK OUT」を歌った。
4月、なでしこリーグのオフィシャルサポーターに任命された。
5月、西が丘サッカー場で行われたモックなでしこリーグ2006の開幕戦で始球式を行った。
10月、早稲田大学スポーツ科学部の『トップスポーツビジネスの最前線』と題した講義で特別講師を務めた。
11月 - 12月、世界バレーのオフィシャルサポーターとなり、小林麻耶アナウンサーが不在時に番組の司会進行を務めた。
2007年

1月2日、モーニング娘。卒業を発表。
5月6日、さいたまスーパーアリーナで行われる『モーニング娘。コンサートツアー2007春 〜SEXY 8 BEAT〜』ファイナルでモーニング娘。を卒業、翌日からソロ活動を開始。
7月12日、新ユニット音楽ガッタスを発表。キャプテンに就任。
8月、赤十字血液センターの400mL献血キャンペーンガールとしてポスターで参加した。
10月、日本サッカー協会が主催運営をしている「JFAこころのプロジェクト」の夢先生(通称:ユメセン)のメンバーに選ばれた。今後は学校を訪問し、スポーツを通じた青少年の育成活動を行っていく。
2008年

2月、読売新聞の期間限定ブログ「yorimo」の「今月のひと」に選ばれ、「吉澤ひとみ Vamos-la!GATAS(それ行け!ガッタス)」が開始する。
4月、読売テレビの音楽情報番組「わおーん!」でソロ後初めてのレギュラー番組を持ち、トータルテンボスと共にMCを勤める。
5月 - 6月、TBSで放送する『2008北京オリンピック バレーボール世界最終予選』で石川梨華と共に男子応援キャスターを務める。
10月2日にフジテレビ系列で放送された『Run for money 逃走中』にて60分を逃げ切り、宮川大輔とともに54万円を獲得。
2009年

1月、埼玉応援団(通称・コバトン応援団)を結成。
3月、ハロー!プロジェクトを卒業。翌月よりM-line clubを新ファンクラブとする。
11月、自転車市民ロードレース「ツール・ド・ジャパン2009西湖ステージ」にゲスト参加し、制限時間内に完走。
2010年

11月、石垣島アースライド2010に参加。上級者向け125キロコースを9時間かけて完走。
2011年

2月27日、東京マラソンに参加し、完走。走破タイムは6時間25分59秒[4][5]
2013年

11月、Vリーグ機構は吉澤ら3人を2013-14のVリーグアンバサダーとすることを発表した[6]
2014年

4月12日、29歳の誕生日である同日にアメーバブログを開始[7]
11月3日、出身地である三芳町の広報大使に任命された[8][9]
2016年

12月10日、埼玉県警察東入間警察署ふじみ野市富士見市三芳町を管轄)の一日署長に就任[10]
2018年

9月6日、東京都中野区東中野東京都道317号環状六号線にて、乗用車を飲酒運転して赤信号を無視して侵入し横断歩道の人をはね、ひき逃げした容疑で警視庁逮捕され、中野警察署に移送された。本人は15分後に110番通報し、事故現場に戻った[11][12]
9月26日、東京地方検察庁により道路交通法違反と自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷罪)で起訴された[13]
9月28日、所属事務所に芸能界引退を申し入れ、ジェイピィールームは専属マネジメント契約を解除したと発表した[14]
[6]次ページ
(2.人物)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/23 13:00
ソ人気記事ランキング
2019/06/16 更新
 1位島田さくら
 2位日本
 3位斉藤とも子
 4位6月15日
 5位コボちゃん
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant