技術者
▼人気記事ランキング
6.世界における技術者の称号
大陸ヨーロッパラテンアメリカの幾つかのトルコなどでは、工学技術者の称号工学部学位を持っている者に限り許されている。例え職歴が十分であっても、それ以外の者が使用する事は違法である。

イタリアでは、工学部の学位を持っている者以外では、プロフェッショナルとしての能力試験(Esame di Stato)を課し、これを通過した者がその称号を許される。

ポルトガルでは、プロフェッショナルな技術者の称号と、認定されるその工学学位は「Ordem dos Engenheiros」によって認定されている。

チェコ共和国においては、技術者の称号(lng.)は、化学工学、さらには歴史的事情により経済学学士修士を修めたものに与えられる。

アメリカの全てのカナダ、そして南アフリカでは、幾つかの技術者の称号の使用を、によって規制している。特に"Professional Engineer"、さらに工学分野から派生した工学、例えば土木工学機械工学専門技術者に対する称号等を規制している。アメリカの州でほぼ全てにおいて、無許可の者が「技術者」を称する事等を禁じている。

IEEEの公式な見解は、工学学位を持ち、十分な技術者としての経験を持った者等が技術者である、としている。

[4]前ページ
(5.世界のエンジニア資格)
[6]次ページ
(7.日本においての資格の名称)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/20 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/21 更新
 1位日本
 2位京都アニメーション放火事件
 3位京都アニメーション
 4位宮迫博之
 5位しみけん (AV男優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant