サービス終了のお知らせ
亀山城 (伊勢国)
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.1.鎌倉時代から安土桃山時代
伊勢亀山城は、文永2年(1265年)に伊勢平氏の流れをくむ関実忠によって伊勢国鈴鹿郡若山に築城された。神戸、国府、鹿伏兎、峯、亀山の各城を居城とする関五家の宗家の居城として重きをなした。その後、関氏の時代のうちに現在の位置に移され、永禄10年(1567年)の織田信長の伊勢進攻以降は、たびたび戦場となった。天正11年(1583年)には蒲生氏郷が城主となっている。天正18年(1590年)に、豊臣秀吉に従った岡本良勝が入城後、天守本丸、二の丸、三の丸などのその後の亀山城の母体となる城が形成されたとされる。

[6]次ページ
(1.2.江戸時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/02 07:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant