紀元前394年
▼人気記事ランキング
2.できごと
2.1.ギリシア
コリントス戦争紀元前395年 - 紀元前387年
同盟を組んだアテナイテーバイコリントスアルゴスは、コリントスに大きな兵力を集結させた。スパルタはこの大軍に対して、さほど大きくない規模の部隊を送り込んで挑発した。両軍はコリントス領内のネメア川の河原で対峙した。このネメア川の戦い (Battle of Nemea) で、スパルタは同盟軍に対して大勝利を収めた。
アテナイの将軍コノンアケメネス朝ペルシア帝国サトラップ(太守)ファルナバゾス2世、サラミスの王エウアゴラス (Evagoras) の連合艦隊は、ロドス島近くで戦われたクニドスの海戦 (Battle of Cnidus) で、ペイサンドロス (Peisander) 率いるスパルタ艦隊に大打撃を与え、圧倒的な勝利を収めた。海戦の後、コノンとファルナバゾスは、イオニア沿岸を航行し、イオニアの諸都市からスパルタ人の総督や守備隊を追い立てていったが、ヘレスポントス(ダーダネルス海峡)のアビュドス (Abydos) とセストス (Sestos) のスパルタ勢の力を削ぐことはできなかった。スパルタによる広大な帝国建設の野望が揺らぎ、エーゲ海の覇権はペルシア帝国が握るようになった。
両軍は、テーバイ領ボイオーティアコロネイア (Koroneia) で再び激突し、コロネイアの戦いが起こった。勝利は再び、スパルタ王アゲシラオス2世率いるスパルタ軍のものとなった。戦いの後、アゲシラオスはスパルタ軍とともに海路でコリンティアコス湾を渡り、スパルタへ帰還した。
テゲア (Tegea) のアテナ・アレア神殿 (Athena Alea) が焼失したが、パロススコパスの設計により、すぐに再建された。
[4]前ページ
(1.他の紀年法)
[6]次ページ
(2.2.中国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/06 06:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant