気動車・ディーゼル機関車の動力伝達方式
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
気動車・ディーゼル機関車の動力伝達方式(きどうしゃ・ディーゼルきかんしゃのどうりょくでんたつほうしき)では、気動車ディーゼル機関車及びその他の内燃機関車の動力伝達方式について述べる。
内燃機関は、トルクの出方が山なりで、出力馬力)は回転数に比例して増大するという基本的な出力特性を持つ[注釈 1]。また、拘束状態からの起動は不可能であり、機関始動時には無負荷でなければならない。したがって内燃機関をこれらの車両に使用する場合には、電動機のように静止状態から直結発進することはできず、負荷を切り離す機構が必要となる。また、利用できる回転数が限られているため実用的な運転速度範囲を得るためには何らかの変速機構が必要となる。
世界各国で各種交通機関のエネルギー効率上昇に向けた取り組みが行われているが、現時点で内燃機関の熱効率の改善は限界に近付きつつあり、大幅な向上は見込めなくなってきている。一方、駆動系の伝達効率にはまだ向上の余地があり、伝達効率の向上への取り組みが図られている。
鉄道車両用の動力伝達方式としては、一般に以下の3方式が存在する。
目次
1.機械式
├1.1.欧州での事例
├1.2.日本での事例
└1.3.電子制御機械式変速機
2.電気式
└2.1.日本での事例
3.液体式(流体式)
├3.1.リスホルム・スミス型
├3.2.フォイト型
├3.3.メキドロ式変速機
├3.4.アメリカ合衆国での流体式変速機
└3.5.近年の液体式変速機搭載機関車
4.その他の方式
5.関連項目
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.参考文献
出典:Wikipedia
2020/01/23 13:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/26 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位東出昌大
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant