苦力
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
苦力(クーリー、タミル語: ????: coolie)とは、19世紀から20世紀初頭にかけての、中国人インド人を中心とするアジア系の移民、もしくは出稼ぎ労働者である。
主に大英帝国植民地、旧植民地であるアメリカ合衆国カナダオーストラリアニュージーランドペルー南アフリカ共和国スリランカマレーシアハワイフィジーモーリシャスレユニオン島西インド諸島香港シンガポール等で低賃金で過酷な労働を強いられた。苦力の移民は「客頭」などのブローカー結社により組織的に行われ、こうした労働力を売買する商行為は「苦力貿易」と呼ばれた[1]
目次
1.歴史
2.参考文献
3.脚注
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/01/26 16:31
ソ人気記事ランキング
2019/04/21 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位永山則夫連続射殺事件
 4位モンキー・パンチ
 5位ルパン三世 ルパンVS複製人間
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant