銀魂の登場人物一覧
無料占い|がん保険|心理テスト
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
13.ゲスト
13.1.地球人・地球生物
喫茶店店長(きっさてんてんちょう)
声 - 宇垣秀成(3話)、下山吉光(138話)
新八、金丸が働いていた喫茶店の店長。物覚えの悪い新八によく当たっていた。銀時とは二度会っているが、二回ともボコボコにされている。
井上(いのうえ)
声 - 郷里大輔
誕生日:8月30日[102] / 身長:180cm / 体重:71kg
極道・班池組(パンチぐみ)の組長。パンチパーマに拘りを持っているが、何故かアフロヘアーのような髪型(本人曰く「パンチパーマ」)をしておりグラサンを掛けている。
神楽を雇って喧嘩をさせていたが、仕事内容がエスカレートしていく事態に嫌気が差して逃げ出した彼女を始末しようとする。身動きが取れなくなった神楽と新八を電車で轢き殺そうとしたが、銀時に助け出されたことで失敗。神楽に倒された後は髪の毛を剃られる。
モデルはアフロヘアー時代の井上陽水
死にかけの老人
声 - 島田敏、川野剛稔(若い頃)
相当若い頃、女遊びが過ぎたせいで身寄りの無い本名不明の老人。
若い頃、団子屋の女性・寺田綾乃(お登勢)にタダで団子を食べさせてもらったが、慌てて食べた団子が喉に詰まり、思わず彼女の髪から引き抜いてしまったかんざしを返したいと思っていた。その騒ぎが原因で綾乃が貧しい人々にタダで団子を食べさせていたのが露見してしまい、綾乃は店をクビになって行方知れずとなっていたので、万事屋に人探しを依頼する。
最期は綾乃に再会して嬉しそうに笑いながら息を引き取った。
章二(しょうじ)
声 - 千葉一伸
タクシー運転手となった長谷川のタクシーに、自分と産気付いた妻のさち子を乗せるよう懇願した人物。丁度乗っていたハタ皇子の「彼らを乗せるよりも動物園に行く方が大事だ」という発言を聞いた長谷川により、皇子が殴り倒されたため、タクシーに乗ることができ、長谷川に感謝していた。アニメではそれ以前に長谷川が面接を受けていた会社で共に面接を受けており、彼を見下していたが、最後は原作同様感謝した。名前はアニメ版より。
イバラキ
声 - 小室正幸
海老名が住んでいる池とその周辺を買い占めた土建屋。海老名を追い出してゴルフ場を建設しようと画策していたが、銀時扮する太郎河童に締め上げられ成敗される。その翌日は土地を売り、その場所から逃げるように去ったようだ。
モデルは茨木政彦
小東(こひがし)
声 - 太田哲治
イバラキの部下。イバラキの命令によりブルドーザーで海老名の住む池を埋めようとする際、野島の異変に気付いたが、次郎河童に扮した新八に成敗された。その事件後、原作では夢幻教の信者として、アニメではこの話の前に長谷川の元部下として登場しており、散々長谷川にパワハラ並みに扱き使われたらしく彼を激しく恨み、罵倒していた。
彼のモデルは本作の初代担当編集者である大西恒平。ただしアニメでは、小東に当たるキャラクターの名前が本名の大西に変更された。
野島(のじま)
声 - 坂口候一
イバラキの部下。イバラキの命令により、ブルドーザーで海老名の住む池を埋めようとしたが、三郎河童に扮した神楽に成敗された。
怪盗フンドシ仮面
声 - 園部啓一
誕生日:8月2日 / 身長:171cm / 体重:60kg
江戸の町を騒がせている下着泥棒。赤いふんどしで顔を隠して、ブリーフ一丁で闇夜を駆け回り、盗んだ下着をモテない男達にバラ撒く愉快犯。お妙の下着も盗んだが、それがお妙の怒りを買うことになり、お妙と銀時たちの活躍によって捕まる。その後は逮捕されて牢獄に入れられていたようで、鯱の漫画のアシスタントをする形で再登場した。
海の家の親父
声 - 宇垣秀成
誕生日:4月27日 / 身長:170cm / 体重:70kg
海の家『ビーチの侍』の親父。えいりあんが海に出没したため客が来なくなり、えいりあんに懸賞金を懸けた。しかし、実は酒席でのジョークだったようで懸賞金を用意しておらず、銀時らに磔にされたが、後にそのえいりあんのおかげで営業は繁盛した。
定食屋の親父
声 - 西村知道(48話)、魚建(231話)
万事屋と真選組の面々が普段から行きつけだった定食屋の主人。大らかで気風の良い江戸っ子で、金が無い時にはタダで食事を提供していたことも。特に銀時・土方が足繁く通っており、2人が来ると有無を言わずに宇治銀時丼とマヨネーズがたっぷりかかった土方スペシャルを出していた[103]。近藤曰く「あの二大味覚バカの好みを両方とも熟知した、数少ない理解者」。
八留虎三兄弟が登場した回にも声のみだが登場している(銀時と土方にそれぞれ食事を提供した)。
病で逝去し、万事屋と真選組が葬式に参列、普段はいがみ合う銀時と土方も彼の死を惜しみしおらしくしていた。が、幽霊となって葬儀中に舞い戻り自身の葬式がきちんと行われているかチェックをしに来た(無礼な行いをした者[104]には天誅を下していた)。その際は生前とは似ても似つかぬハードボイルドと化し、ただ2人その姿が見えて怯えていた銀時と土方は無事に葬式を終えることに終始した。恐怖が限界に達して逃げようとした2人を引き止めるため、新八、神楽、近藤、沖田の4人の魂を抜き取った。最後は4人の魂を戻し、銀時と土方を「最期まで楽しませてくれた友人」と評して成仏した。
光子(みつこ)
声 - 滝沢久美子
定食屋の親父の妻。
夫の葬儀では喪主を勤め、落ち込みながら参列した万事屋を気遣った。
実はかなり暴走気味な一面も持ち、モザイクが棺から飛び出ると素手でへし折っては三途の川の石代わりにしたり、適当な読経をする坊主(声 - 中西としはる)の頭を釘打ちに利用したりしていた。
夫が成仏した後、火葬場で夫の亡骸が荼毘に付されていくのを万事屋や真選組らと一緒に見届けた。その後は1人で店を切り盛りしており、入れ替わり篇やさらば真選組篇で銀時・土方に宇治銀時丼と土方スペシャルを出した。
団子屋の主人
声 - 佐藤正治
誕生日:3月3日 / 身長:156cm / 体重:45kg
400年続く老舗の団子屋「金平糖」(アニメでは魂平糖)の老主人。
時代の流れに押されても頑なに団子作りに拘る職人肌。巨漢の娘(声 - 斉藤貴美子)(銀時曰く「看板娘ではなく“岩盤娘”」)がおり、銀時に惚れている。銀時のことを「跡取り」と呼んでいた。最終的には銀時の協力で団子選手権に勝利して客足を取り戻し、酔唾から店を守ることに成功する。
魔理鈴(まりりん)
声 - 杉本ゆう(ジャンプフェスタ版)、AKIKO(29-A話)
誕生日:6月1日 / 身長:164cm / 体重:66kg
通販番組で舞蹴と共に色んな物を紹介する外人。整形手術を行ったことから、舞蹴に酒席で「改造人間」と言われた事を恨み、妖刀・星砕で舞蹴を再起不能にしようとする。整形したのは鼻だけらしい。
舞蹴(まいける)
声 - 下山吉光(ジャンプフェスタ版)、階俊嗣(29-A話)
誕生日:8月29日 / 身長:185cm / 体重:87kg
通販番組で色んな物を紹介する外人。何故かパンツ一丁で登場する。仕事は漫画家で、その不規則な生活が原因で腹部が「ダブルバーガー」になった。ジェニファーという彼女がいる。魔理鈴に騙され、侍達にカツアゲされそうになってしまう。
越後屋(えちごや)
声 - 堀本等
悪徳商人。ライバルの商人・近江屋(おうみや)を根津三屋と組んで殺害したが、あやめに始末される。
摩理之介(まりのすけ)
声 - 土田大
誕生日:6月11日 / 身長:175cm / 体重:66kg
巨大熊・正宗を追う狩人。かつて狩りの対象であった熊・正宗の親を殺し、幼い正宗を育てた。だが里の掟により、村人から正宗を取り上げられた挙句に捨てられてしまったことを悔やんでいる。暴走した正宗を葬った後、正宗の分を自由に生きることを決意した。その後の詳細は明かされていないが、ゲーム『銀魂 銀時vs土方!? かぶき町銀玉大争奪戦!!』のキャラ説明によると、その事件の後はキノコが嫌いになったらしい。
名前のモデルは、マリオシリーズマリオ
正宗(まさむね)
巨大な熊。摩理之介に親を殺された際に目に怪我を負い隻眼となった。かつては賢い熊であったが、とある星から渡った毒キノコに支配され暴れ回っていた。最期は摩理之介に頭を撫でられた時のように頭を差し出し、銃で頭部を撃たれ葬られた。
名前のモデルは、伊達政宗
道信(どうしん)
声 - 中田譲治
誕生日:8月15日 / 身長:182cm / 体重:73kg
多くの孤児を育てている廃寺の和尚で、元人斬り。礼儀正しく心優しい人物で、子供達から「先生」と慕われているが、裏では違法賭博が行われる地下闘技場・煉獄関で最強を誇る闘士「鬼道丸(きどうまる)」として賭け試合に出場している(この時は鬼の面を着用し、試合に挑む)。牢獄に繋がれていたところを天導衆に腕を見込まれ、煉獄関で戦うようになった。そうする内に芽生えた罪悪感を拭おうと捨て子らを引き取るようになり、彼の心は徐々に子供達への深い愛情を抱いていく。
沖田の依頼を切っ掛けに煉獄関を探る銀時と心が触れ合ったことを機に、「子供達に胸を張って父親といえる男になりたい」と思い、養っていた孤児達と共に天導衆から逃れようとするが、鬼獅子によって致命傷を負わされてしまう。最期は子供たちへの愛情を胸に息を引き取った。彼の死後、鬼の面は、子供達の依頼を引き受けた銀時が使用し、鬼獅子を倒した後に銀時によって「(道信には)似合わない」と割られた。
田代(たしろ)
天導衆から出頭命令を受けた松平と近藤を車で送った運転手。眼鏡を掛けている。松平が長谷川の運転するトラックを爆破した後に松平が運転を代わり、自身はそのまま帰ることになった。なお、アニメ版では名前が出ていない。
マムシの蛮蔵(マムシのばんぞう)
声 - 宇垣秀成
誕生日:12月17日 / 身長:170cm / 体重:64kg
記憶喪失に陥った銀時を雇った工場の工場長。太助の父親。ジャスタウェイの生みの親でもある。仕事のない浪人を雇ってくれる人情派だが、実は自身の工場で同士を集い、幕府への復讐を目論むテロリスト。昔は悪党に恐れられていた同心だったが、幕府にリストラされ、それによって息子が更にグレてしまったとして幕府を恨んでいる。工場の爆発に巻き込まれたが、その後は逮捕された[105]
名前のモデルは鳥居耀蔵
ツキヨミの勘兵衛(ツキヨミのかんべえ)
声 - 広瀬正志
誕生日:1月1日 / 身長:178cm / 体重:59kg
伝説のカリスマギャンブラー。仲間を助けるためにツキが読める右目を潰した過去がある。以後はイカサマ博打を繰り返していた。
菊屋(きくや)
声 - 桜井敏治
スナック『すまいる』の客人である商人。助平な性格で、度々『すまいる』で痴漢行為をしており、お妙にボコボコにされている。
悪の組織のリーダー
声 - 平井啓二
有限会社「悪の組織」(モデルは『仮面ライダー』のショッカー)を従えるリーダー。銭封機を狙っていたが、銭封機は銀時によって破壊された。アニメ57話にも登場し、盗んだ「感電血[106]」を取り返そうとする銀時達と対峙するが敗れる。
落(おち)さん
声 - 相沢正輝(68話)、坂口候一(かぶき町四天王篇以降)
誕生日:12月9日 / 身長:173cm / 体重:58kg
かぶき町のイベントの一つ・肝試しに命を懸けている町内会役員。町内会役員の肩書きを除けば頼りない男であり、職場や家庭に居場所が無い分、町内会で張り切っては当たり散らす。最終的に勇気を振り絞って屁怒絽を驚かせようとするが、無残に殴り飛ばされる。アニメでは家族の設定が変更され、別居状態だった妻・お軽(おかる、声 - 神田理江)と復縁したため、原作と違ってハッピーエンドになっている。原作の四天王編においては会合に揃ったお登勢・西郷・華佗の三人のオーラに圧倒され「ごみは消えろ」と言われてしまい、その場から逃げるように去った。
角屋(かどや)のだんな
声 - 糸博(現在)、三戸貴史(若い頃)
花火会社『角屋』の創始者。江戸一と謳われた花火職人だったが、加齢と共にかなり痴呆が進んでいる(アニメではこの表現はカットされている)。しかし、痴呆が進んでも職人としての腕は劣っておらず、それなりに自我を保っているようで、身体を壊した妻・松のためだけにこっそりと花火を作っていた。花火のことを「愛人」と呼んでいるが、松への愛は変わっていない。そして松が車で病院に出掛ける中、松のために人知れず花火を挙げた。松へのプロポーズは花火で作られたメッセージ『塚に来い』である(嫁に来いとしたかったらしいが字を間違えてこうなった)。
角屋の名前の由来は花火師の「玉屋」と「鍵屋」。
松(まつ)
声 - 京田尚子(現在)、恒松あゆみ(若い頃)
角屋のだんなの妻。病で倒れて以来、寝たきりの生活を送っている。だんなから(間接的とはいえ)花火を取ってしまった事を悔いているが、それでもだんなが自らを愛していることを知っている。だんなが自分のために花火を上げてくれたことを心から喜び、涙を流していた。
若だんな
声 - 川津泰彦
角屋のだんなの息子。実質的に角屋の社長を務めている。父親の世話をしてもらうために万事屋を雇った。
お手伝いさん
声 - 宇垣秀成
角屋に仕えている家事使い。角屋のだんなが花火を隠れて作っていたことを知っていた唯一の人物。
村田 仁鉄(むらた じんてつ)
声 - 鈴木清信
鉄矢と鉄子の父。既に故人で鉄矢の回想のみに登場。江戸一番の刀匠と謳われた人物。
サンタ
声 - 緒方賢一
誕生日:12月26日 / 身長:154cm / 体重:43kg
子供達の夢を叶えるお馴染みの人。口調が荒く、相棒のトナカイ型の天人であるベンとの仲はそれ程良くない。ブームを予見してプレゼントを用意しているが、外れることもある。銀時と出会った時はけん玉ブームを予見して、見事に外していた(一方、韓流ブームの予見は的中させたという)。なお、本来の髭の色は茶色で、クリスマスの時だけ白く染めているらしい。アニメでは137話で再登場。ある年のクリスマスに銀時と遭遇した後、サンタを辞め、ベンとも別れ、別の仕事に挑戦していた。しかし、その1年後には多額の借金を抱えるまでに落ちぶれていた。かつての相棒のベンに借金を清算してもらい、さらに月島百合の母親を助けたことで百合から感謝され、初心を取り戻す。その後は再びサンタの仕事を始めた。
小説版『3年Z組銀八先生』では銀魂高校の修学旅行先の奈良公園で土産物屋を開いているが、売っているのはやはりけん玉ばかりであった。
月島百合(つきしま ゆり)
声 - 成田紗矢香
サンタが来る事を信じていた少女。プレゼントとしてけん玉と「優しいお母さん」を欲しがっていた。母親はかなり凶暴。アニメ137話Bパートにも再登場。
飲み屋のオヤジ
声 - 斧アツシ
誕生日:12月10日 / 身長:167cm / 体重:53kg
銀時とサンタとトナカイのベンが飲んでいた屋台の主人。客の話題に下ネタで割り込む。アニメ137話Bパートにも再登場。
天狗党 党首(てんぐとう とうしゅ)
声 - 下山吉光
お通を誘拐した攘夷志士。しかし、真選組によって成敗された。
川崎(かわさき)
声 - 小野友樹
誕生日:6月22日 / 身長:175cm / 体重:58kg
猿飛あやめ、脇薫のバイト先のカフェの店長。容姿は赤影似。奥さんのみち子へのプレゼントに花で似顔絵を作成していた愛妻家だが、それが仇となり浮気を疑われた。子供が3人いる。
川崎 みち子(かわさき みちこ)
声 - 鈴木麻里子
誕生日:1月30日 / 身長:165cm / 体重:48kg
川崎の妻で夫が浮気をしていると疑いを持ち万事屋に調査を依頼してきた。『私だって本当はこんなところに来たくなかった』という発言や夫があやめと浮気をしていると知らされた途端マジギレして彼をボコボコにするなどの行動から察するになんだかんだで夫のことは愛している。性格はかなり凶暴でキレると手がつけられず、銀時ですら彼女を恐れるほど。
天眼通の阿国(てんがんつうのおくに)
声 - 清水愛
誕生日:9月13日 / 身長:116cm / 体重:21kg
天眼通(未来を予知する能力)を持つ巫女の少女。自身の予知能力を持ってしても、漫画のストーリーの先を予知できないという。たとえ自分の向かう先を予知できても、周囲に利用され続ける未来を変えることは出来ないとを憂いている。アニメでは自身の警護を引き受けた銀時に「自分の人生の結末ぐらい変えられるだろ」と諭された。
才蔵ら悪人達に付け狙われていたが、欲しがっていた少女漫画(アニメでは少女漫画のりぼん)を懐に入れて持ってきた全蔵に救われる。少なからず彼を慕っている。
名前の元ネタは出雲の阿国
蔵場 当馬(くらば とうま)
声 - 中田譲治
誕生日:6月6日 / 身長:180cm / 体重:81kg
『転海屋』を経営する商人。ミツバの婚約者。礼儀正しく、誠実な性格を装い、ミツバのことも実の妻のように大事に遇していた。しかし、実際は真選組と手を結ぶために沖田の姉であるミツバと婚約したに過ぎず、彼女のことを金もうけのための道具としてしか見ていなかった。攘夷志士との裏取引をしている現場に、単身乗り込んできた土方の前で初めて本性を現す。真選組が土方の加勢に現れるや、その場から車で逃げだしミツバを人質に取って逃走しようと目論むが土方に深手を負わされ、最期は沖田に乗っていた車ごと一刀両断され、爆発炎上する車と共に燃え尽きた。
名前のモデルはトーマス・グラバー
パチンコ店店長
声 - 宇垣秀成
長谷川が勤めていたパチンコ店の店長。シルクハットに燕尾服、下半身はブリーフ一丁という非常に特徴的な容貌。ほとんどカタカナのみで会話する。部下として全身タイツにちょんまげの戦闘員数人を引き連れ、オートマチック式の拳銃を武器とする。また、何故なのかは不明だがあやめに愛の告白もしていた(彼女は眼鏡をかけていなかったため、銀時と勘違いしている)。
マユゾン
声 - ラサール石井
眉毛が繋がりダメな人間になってしまう恐怖のウイルス「RYO-II」に感染された一般人。銀時たちがパチンコ店に姿をくらましている際、突然パチンコ台の上に出現した。
見た目のモデルは、こちら葛飾区亀有公園前派出所の主人公である両津勘吉で、ラサール石井がある意味本人役で声優を務めた。
怪盗 狐火の長五郎(かいとう きつねびのちょうごろう)
声 - 塚田正昭
誕生日:10月1日 / 身長:161cm / 体重:49kg
小銭形が二十数年追い続けている大泥棒。
昔は「決して殺しはせず、悪しき金持ちからしか盗まず弱い民衆に盗品を配る」と言い伝えられた義賊だったが、現在は隠居生活を送っている。盗んだ後には必ず食べかけの油揚げを置いて行く。正体は小銭形の行きつけの屋台の親父。気取っていないのに立派で、小銭形以上のハードボイルドである。幼少の小銭形の家に押し入った強盗でもあり、彼の教えが小銭形がハードボイルドに生きるきっかけとなった。
かつては盗賊団『九尾』の一員だったが、30年前に組織を抜け江戸に逃げた(その際に、幼い小銭形を助け出した)。後に九尾が長五郎を誘い出して殺すために、狐の名を騙って数々の強盗殺人事件を犯した。九尾(後述)と対峙した際に重傷を負い炎の中に消えるが生存していたようで、その後は以前同様おでん屋を経営している。
モデルは池波正太郎作『鬼平犯科帳』の「狐火」(1971年作)に出てくる義賊・狐火の勇五郎。
偽長五郎(にせちょうごろう)
声 - 関根信昭
長五郎のかつての仲間だが、彼が組織を裏切ったため暗殺を目論む。そして、長五郎と対峙し彼を炎の中へ落とす。
スナイパー・亀(かめ)
声 - 杉山紀彰
誕生日:5月6日 / 身長:165cm / 体重:51kg
人一倍臆病者の殺し屋で思い込みも激しい。「亀吉」という雌のを飼っている。
松平片栗虎暗殺の依頼を受けていたが、松平が犬の散歩で通る公園にたまたまいた銀時のことを幕府のまわし者と勘違いするなどして失敗し、更に自殺しようとしていた女性を偶然助け、「勇敢な人物」として松平ら警察庁から感謝状を貰う。アニメではもらった感謝状に「デューク亀山」と名前が書かれていた。
破牙 検事(はがけんじ)
声 - 成田剣
誕生日:7月21日[107] / 身長:183cm / 体重:68kg
凄腕の検事。長谷川にハツとの不倫を疑われていた。数多くの女性と交際しているプレイボーイだが、ハツに関しては本気だったらしい。ハツを手中に入れるために、助かりたければハツから手を退くよう長谷川に脅迫をするなど卑怯な手段を使うが最後は検事としての初心に帰り正々堂々と銀時と勝負をして裁判に敗北した。ボケをあまり見せないキャラだがアダルトビデオを見たときは鼻血を出して興奮するなどコミカルな面もある。
アニメでは検事をやめて、弁護士になり法律事務所を開いている[108]
小説版『3年Z組銀八先生』の第四巻書き下ろしでは、超巨大企業グループ「GCG(ゴールド・サークル・グループ)」の執行役員支社長として登場。銀魂高校の明け渡しを計画していたが、銀八が連れてきたGCGのCEO・金丸に計画を辞めるように命令された。
名前の元ネタは羽賀研二
A子さん
長谷川に手を引っ張られ線路で筋肉バスターをされてしまった女性。
断食道場の和尚
声 - 津田匠子
誕生日:8月24日 / 身長:157cm / 体重:70kg
神楽やお妙達が肥満体になった時に通った「断食道場」を開いていた和尚。生徒から修行料を取り、寺の雑用をさせていた。
ネジ屋(メガネ屋)のジーさん
声 - 伝坂勉
第百八十三訓と第三百十三訓に出てきた老人。同一人物である。銀時がたまと訪れた時は工具屋の、あやめと訪れた時はメガネ屋の店主をやっており、「婚約ネジ(メガネ)を探しているのか」と問うてきた。彼のかけている瓶底メガネは“トロイの木馬”に関係のあるいわく付きらしく、あやめ曰く「ギトギト」。あやめは銀時が壊れたメガネの代わりにこの老人から99%オフで奪い取って渡したメガネが原因で、命の危険に晒される。
三代目海老蔵(さんだいめえびぞう)
誕生日:12月6日[109] / 身長:176cm / 体重:80kg
長谷川が働いていた回転寿司で近藤が注文した海老の代わりに流れてきた男性。気味悪がって帰ろうとした近藤と土方にカレーを投げつけた。『銀魂五年生』によると、歌舞伎界きってのイケメン役者で、ワイドショーでも人気らしい。
アニメではイカ蔵になっており、近藤が注文した寿司もイカに変更されている。
モデルは市川海老蔵
土方の隣に座った客
声 - 三宅健太
誕生日:5月31日 / 身長:164cm / 体重:62kg
宇宙船で土方と四回も隣合わせになった客。出会う度に目的が変わっている土方に驚く。
アニメでは宇宙船の客と表記されていた。
スーパー地球人
声 - 若本規夫
誕生日:5月9日 / 身長:160cm / 体重:60kg
かつてブリーザやセロと戦った伝説の地球人だが、見た目はブリーフタンクトップだけを着たただの中年男でありとてもそうは見えない。
スーパーサイヤ人のパロディ。
きらら
声 - 後藤邑子
誕生日:12月24日 / 身長:166cm / 体重:45kg
うららの姉。メガネっ娘。病弱で家にこもりがち。清楚な美人だが自分に自信がなく、かなりの引っ込み思案。うららだと自分を偽り、新八と文通していた。自分の心を隠して新八の恋の手助けをしようとするが失敗し、何の役にも立てない自分を悲しみ、せめて自分を新八が助けるいい所をうららに見せようと考え、自身を危険にさらそうとビルの屋上へ行き、勢いづいてそこから飛び降りたが銀時に助けられる(銀時曰く、新八にこんなビルを駆け下りるというアクロバットは出来ないとのこと)。その後、お互いに本当の姿を明かした新八と何の偽りもない文通を果たし、新しく送られてきた手紙には、うららと共に多くの友達に囲まれて笑う彼女の姿が写っていた。近藤勲、土方十四郎と同血液型(A型)であると判明したがアニメでは「ピー音」で隠されていた。アニメでのクレジットも名前を明かすまでは「お姉ちゃん」と表記されていた。
名前のモデルはアイドルデュオキララとウララの一人・キララこと大谷香奈子
うらら
声 - 豊口めぐみ
誕生日:3月4日 / 身長:167cm / 体重:52kg
きららの妹。引っ込み思案な姉と正反対で、明るく可愛いらしい今時の女の子(本人も自分が可愛い事を自覚している)。姉思い。実際はきららが文通の相手だったが、新八に届いた写真から、新八たちからはうららが文通の相手だと思われていた。事の成り行きで新八と偽っていた沖田とデートをしている僅かな間に、完全に服従した。その後、送られてきた写真には首輪らしき物をつけていた。
名前のモデルはアイドルデュオキララとウララの一人・ウララこと天野なぎさ。
狭州 父蔵(せばす ちゃんぞう)
声 - 高岡瓶々
きららたちの執事。きららがうらら以外に話すことのできる唯一の人物。体の悪いきららを終始気遣っている。
名前のモデルはアルプスの少女ハイジのセバスチャン。
金太郎の飼い主
声 - 麦人
誕生日:11月1日 / 身長:147cm / 体重:33kg
既に「星喰」に寄生されていた仔犬の金太郎を拾い、18年間飼っていた老人。密かに残された者のことを考え先に逝くのを嫌い、妻や友人、金太郎にまでも口癖のように「くたばりやがれ」と敢えて罵り続けていた。しかし、金太郎に対し不器用な愛情を向けていた。金太郎と最期の散歩をするために、入院先の病院から無意識に逃走。心中で「くたばれ」と罵倒し合いながら、共に生涯を終えた。
不動 三蔵(ふどう さんぞう)
声 - 富田耕生
誕生日:2月3日 / 身長:125cm / 体重:42kg
2月3日生まれ。身長125cm、体重42kg。
かぶき町の不動産屋。どんな客にも物件を紹介するため「かぶき町の救世主(メシア)」の二つ名を持つ。物件の紹介は結構投げやり。不動産屋なのに1LDKの意味を知らず聞かれたら知っているふりをするなど、よく知ったかぶりをする。どさくさにまぎれて訳ありのマンションの一室を銀時や長谷川に押し付けようとした。
名前の由来は「不動産」。
髪結床の親父
声 - 小形満
誕生日:10月20日 / 身長:164cm / 体重:53kg
10月20日生まれ。身長164cm、体重53kg。
銀時がよく来店している床屋の主人。侍の魂などを語り、客にチョンマゲを進めている。
店には色々な漫画が置いてあり、漫画を全巻常にそろえておくことに情熱を傾けている。松平片栗虎とは顔なじみであり、漫画を貸すほどの仲。作中では『あぶさん』を松平に貸していた。その事を忘れていたため、足りない巻を買いにいくために床屋の店番を一時的に銀時に任すも、万事屋の起こした騒動に巻き込まれた徳川茂茂の考えで床屋を改築され客足を取り戻すこととなった。
アニメでは床屋の親父と表記されていた。
地愚蔵(じぐぞう)
声 - 川島得愛
誕生日:3月3日 / 身長:161cm / 体重:47kg
土方と沖田を監禁した人物。死のゲームと称し、屯所に仕掛けた時限爆弾を止めるために脱走しようとする土方と沖田を見て楽しむ。
モニターで土方と沖田と会話しており、常に仮面を付けている謎の人物だが、部屋にお母さんが入ってきたり、「ヒロ君」と呼ばれたり、お父さんに学校を休んでいると言われたりしていることから、ただの引きこもりの学生と思われる描写がいくつかある。母の発言によると、本名はヒロシであることが判明している。
実は沖田の知り合いであり、土方を騙すために沖田が仕掛けたゲームの手伝いをしていただけだった。この作戦が成功した後、沖田から銀時にも仕掛けるよう頼まれた。
元ネタは『SAW』のジグソウ
虚無(きょむ) / ヒロくんのお母さん
声 - 杉山育美
誕生日:4月6日
地愚蔵(ヒロくん)の母。地愚蔵にファミ通を買いに行かされたり、「くそババア」呼ばわりされている。
ヒロくんのお父さん
声 - 宮崎寛務
地愚蔵(ヒロくん)の父。学校をサボった地愚蔵を部屋の外から一喝する。
喜久蔵(きくぞう)
誕生日:1月1日
地愚蔵の飼い犬。散歩中によく光り物を拾う。監禁場所に来た際は、首かせの鍵を拾おうとしたり、鍵の上に用を足そうとしたりしていた。
ぐちり屋の親父
声 - 千葉繁
誕生日:2月27日 / 身長:150cm / 体重:43kg
「ぐちり屋」という名のおでんの屋台を営む男。他人に言えない愚痴を客に語らせている。「他言無用」のルールを掲げ、店の中で聞いた愚痴を店の外でもらさないよう、客に注意している。しかし、実際には、親父自身が客が言った愚痴の内容を、それを聞かせてはいけない人に対して無意識のうちに伝えている。 ぐちり屋の常連さん
ちんかす侍
声 - 杉田智和
アニメではちんざむと表記されていた。
マヨ侍
声 - 中井和哉
ゴリさん
声 - 千葉進歩
ポニーちゃん
声 - 雪野五月
御子柴(みこしば)
声 - 二又一成
万事屋の面々にある日依頼してきた依頼主の所有するビルの警備課長。万事屋と共にエレベーター故障の被害にあって閉じ込められた。「焼肉をしていて家が燃えた」「をそれで失った」など、かなり凄惨な過去の持ち主であり、新八との何気ない会話でその過去を思い出してしまい、エレベータ内の空気を重くしていった。最終的には銀時たちが脱出した後に無事に救出された。
田中 加兵衛(たなか かへえ)
声 - 勝杏里
真撰組にテロの容疑で逮捕勾留された男。常に薄ら笑いを浮かべて一切余罪を吐こうとせず、山崎の迷いを諭したり傷んだカツ丼を無理やり食わせた近藤を許したりと、大凡テロリストとは思えぬ人格の持ち主。結果、本当のテロリストは田中古兵衛であり、彼は善良な一市民であることが発覚した。
モデルは田中新兵衛
藪田(やぶた)
声 - ふくまつ進紗
「南無歯科医院」の院長。施術のスピードはかぶき町一を誇り、長谷川や近藤などのかかりつけ医院。だが、ほとんどタダの人体改造手術。「乳輪のデカイ女は情が深い」が持論(銀時と土方に「どんな合コンに参加してんだよ!」とツッコまれている)。「歯は心のドア」が口癖だが、本人のドアはほぼ全壊している。
六角 霧江(ろっかく きりえ)
声 - 木村亜希子
旅籠・六角屋の主人である六角宗春(声 - 岩田安宣)の娘。父親を六角事件で亡くした上に、六角屋も事件の影響で潰れてしまい、さらに母も事件後に亡くし、孤児となる。やがて、沖田を自分の不幸の元凶だと考えるようになり、沖田の命を狙う。復讐心を過激攘夷派「創界党」に利用され、自らも創界党によって囚われの身となるが、沖田と神楽によって救出される。創界党が六角事件の真相を話そうとした際には、神楽により気絶させられるも、逃亡の際にはすでに意識は回復しており、沖田が一人で真実を背負っていたことを知り、謝罪の言葉もかけられないまま別れざるを得なくなり、後悔の涙を流した。事件終結後は、沖田に謝罪の手紙を渡し、親類の家に引き取られていった。
北大路 大五郎(きたおおじ だいごろう)
声 - 竹内順子
江戸の寺子屋に通う少年。公園で偶然出会った長谷川の観察日記を夏休みの自由研究として記していく内に、彼と心を通わせるようになる。両親が離婚して母親・五月(声 - 足立友)と二人暮らしだったが、長谷川を同居させることを母に認められ、親子に近い関係となっていく。後に長谷川が面接会場で大五郎の実の父親・大助(声 - 逢坂力)と出会ったことで、大五郎の幸せのために体を張った行動を起こし、それにより父が就職を果たしたことで両親がよりを戻すきっかけとなり、再び3人で暮らせるようになった。その行動の真意にただ一人気付き、長谷川との別れ際に彼を立派な侍だと認めた。その観察日記を学校で発表したが、最終的には日記を書いたのが母であったことが判明した。鼻水を垂らし舌足らずな口調だが、日記の途中から語り口調が一時的に達者になり、話し方もハードボイルドになった。
再登場の際には、神楽によってパトリオットで強く頭を打ったせいかハードボイルドに磨きがかかり、万事屋を「あんたらみたいな大人にならないよう気をつける」「社会の底辺を見せてくれてありがとう」と大人顔負けに強烈に皮肉った。
アニメでは彼が登場した回で、提供の横のコメントがうずまきナルトの口調と同じになっている(いわゆる声優ネタ)。
名前のモデルはドラマ『子連れ狼』で拝一刀を演じた俳優・北大路欣也と、同じく『子連れ狼』に登場する一刀の一子・拝大五郎
本郷 尚(ほんごう ひさし)
声 - 津村まこと
神楽と共にかぶき町のラジオ体操に毎日参加している少年。ラジオ体操中のあることをきっかけに神楽と友人になる。病気がちなため友人も少なく、何かを最後までやり遂げたことがないため、「せめてラジオ体操は最後までやりとおしたい」と決意を固めて毎日参加、神楽と「雨が降っても槍が降っても参加しよう」と約束するが、雨が降った日にもラジオ体操に来たため病状が悪化してしまった。神楽に好意を持っている様子。
北大路 魯山子(きたおおじ ろさんこ)
声 - 愛河里花子
「料理は愛情」をモットーとする、TVにも出演している有名な料理研究家。「北大路料理教室」という料理教室を開いている。過去に報道された夫の浮気を料理を学びに来た神楽・あやめ・九兵衛に指摘された事で怒り、最終的には彼女達を体よく追い出す事に成功した。
モデルは北大路魯山人
末本 末次郎(すえもと すえじろう)
声 - 興津和幸
キャサリンの恋人で、彼女とは結婚を前提とした付き合いをしている好青年。
しかし実際は自らの借金返済のために、取り立て屋の命令でキャサリンから金を騙し取るつもりで近付いた元ホストであり、「末本末次郎」という名前も偽名。キャサリンから金を騙し取ること自体には成功したが、長谷川から事情を聞いて真相を知った銀時によって取り立て屋諸共制裁され、金も取り返された。
サチ子(サチこ)
声 - 米澤円
神楽の友人の少女。
野球好きで、キャッチボールが趣味の兄(声 - 吉田真澄)と父(声 - 中西としはる)がいる。しかし、父は兄が放ったボールを追いかけようとして川に転落してそのまま行方不明に、兄はその一件で己を責めて引きこもりになった。ひょんなことから、近藤がお妙とのデート用に購入した野球のチケットを拾い、返して欲しい近藤とキャッチボールをしたことで兄は快復、発見されて記憶喪失だった父も快復した。
岩松(いわまつ)
声 - 西凛太朗
元プロボクサーで、現在はかぶき町にて「殴られ屋」という仕事をしている男。
当初はかぶき町住民の中途半端なパンチに呆れていたが神楽の強烈な一撃を食らったことでかぶき町に恐怖を覚え、神楽に「ストレスがたまっているがそんなに強くないやつら」を紹介されるが結局は仕事できず、最終的に「人々の思いを抱き締める」と言って「一分間殴り放題」の殴られ屋から「一分間おじさん抱き放題」の変態と化し、少年「たけし」に殴り飛ばされた。
モデルは元プロボクサーのガッツ石松
猛(たけし)
声 - 中田隼人
かぶき町に住む青年(車を運転しているため、少なくとも18歳以上である)。なぜか銀時[110]や桂という多くの人物に「借りパク(借りた物を返さない)」の被害に遭っており、本人はこのことを気にしており、車にまで名前を書いている(岩松曰く「(借りパクされたものが)ドラゴンボール並みに世界に散らばっている」らしい)。
死の爪(デスキャンサー) / 聖なる爪(ホーリーキャンサー)
声 - 石原凡
定春が拾い食いして排泄後に出てきて万事屋が持ち主になった携帯の本当の持ち主である老人。右手がになっている。
黒いマントを羽織り、メールの語尾には「(殺)」と付けるほどの厳つい雰囲気を持つ。メル友として神楽に接近して人質に取り、銀時と新八に携帯の返還を要求するが銀時の操作ミスと一斉送信によって待ち合わせ場所にミスリードされた揚句にを3丁目の角に打ちつけられてそのショックで悪のオーラが無くなり、聖なる爪に転換した。
実際は口下手な床屋の主人で亡き妻(声 - 中根久美子)から携帯を渡されたが、何もメールで伝えられないまま妻が逝去、その思いを綴って保存しておいた携帯だった。最後までごねていた神楽から携帯と妻を名乗ったお別れの返信メールを受け取った。モデルは「シザーハンズ」のエドワード・シザーハンズ(演:ジョニー・デップ)。
ナレーさん
声 - 杉田智和
誕生日:7月10日
お通を口説き落とすシチュエーションのナレーションを担当している。彼女をガンダーラ・ブホテルに誘うが失敗し、憤慨する。
蓮舫(れんほう)
エリザベスの台詞『それは加藤登紀子と同じ床屋で借り上げたんですか』より、桂の回想に出てきた若年寄選挙の候補者。
元ネタは蓮舫
アニメでは目が隠されて、加藤登紀子は賀藤登紀子になっていた。
この回の再放送の時は、目だけでなく全身が隠れるように変更されている。
桜島千春(さくらじま ちはる)
声 - 福圓美里
クイズ番組『クイズマダオネア』に出演していた長谷川の回想に登場した少女。家はとっても貧乏で、いつか『クイズマダオネア』に出て「っとうなダイナマイトボディのとなの女」(略してマダオ)になることを夢見るも、外来種のウイルス「MADAO49」に冒されてしまうが、異星での治療を終えて無事に帰還し、長谷川のライフラインの電話に出た。
大江戸忍者教習所の老夫婦
声 - 宮澤正、津田匠子
いずみ
声 - 嶋村侑
晴太の寺子屋の同級生の女の子。母親を早くに亡くしたため、毎日兄と父の食事の支度をしている。いつも一人で昼食を食べている晴太に声をかけるなど優しい性格。
いずみの兄
声 - 村中知
いずみの兄で晴太と同じ寺子屋に通っている。当初は風変わりな弁当を持ってきていた晴太を毛嫌いしていたが、現在は彼と一緒に花火や虫取りに行くなど晴太と親しくなっている。
モヒカンの強盗団
声 - 小山剛志(リーダー)、亀山雄慈(ドライバー)
ゴっさん
声 - 青山耕平
一星(イーシン)
「一発屋一星」の異名を持つ殺し屋。飛び降り自殺しようとしていた長谷川と同じビルの屋上に居合わせ、仕事の邪魔になるからと彼の自殺を思いとどまるように説得する。本名は「一郎」で当時8歳だった20年前に宇宙商・猪九戒に妹(一龍)と共に奴隷として売られた過去を持つ。その後すぐに脱走し、妹を助けるためにスナイパーとして猪九戒を狙っていた。猪九戒に一龍を人質にとられてしまうが、長谷川の活躍で無事に妹と再会できた。
一龍(イーロン)
「先走り一龍」の異名を持つ殺し屋。本名は「一子」で猪九戒専属の殺し屋として一星の命を狙っていた。普段は男装をしている。実は当時3歳の頃に猪九戒によって兄と共に売り飛ばされた一星の妹である。猪九戒から兄を買い戻すことを条件に汚れ仕事をやらされていた。兄の事を嗅ぎまわっていたため裏切り者として殺されそうになるが、長谷川の活躍で助けられる。
朝右衛門の実父
声 - 野川雅史
池田朝右衛門の実父。10年前に攘夷戦争で戦死したとされていたが、実際は生存しており、己の保身のためにかつての仲間を裏切り、潜伏先を一橋派に密告して粛清に協力していた。その後用済みとなり自身も粛清されそうになるが、実娘である朝右衛門を身代りに引き渡そうとしていたが、銀時に粛清される。自身は銀時と共に幕府に捕えられ、先代池田夜右衛門に処刑される。
どざえもん
声 - 杉田智和
源外の「全自動卵かけご飯製造機」の誤作動によって入れ替わってしまった銀時と土方の魂のうち、2つに分裂した銀時の魂の一つが猫の死骸に入り込んだ為に誕生した生物。猫を擬人化したような筋骨隆々な容姿をしている。名付け親はお妙。銀時の攘夷戦争時代の「血で血を洗う戦い」とパチンコによる「玉で玉を洗う戦い」の記憶しか有していなかったため非常に高い戦闘力を持つ。互いの影響を受け、全く別の組織となった万事屋と真選組を圧倒した後に道に倒れているところをお妙に助けられ、彼女を「姐さん」と呼び志村家に居候していた。その後入れ替わった銀時と土方に発見され交戦するが、彼らと同じように魂を入れ替えた万事屋と真選組、その関係者の協力によって倒され、銀時の魂の半分も取り出された。
猿吉小僧
声 - 石住昭彦
悪徳高利貸の悪事を白日の下に晒し、奪った金品をバナナに変えて貧しい民衆にバラまく手口で知られている盗人。民衆の一部からは義賊や英雄だともてはやされている。猿神を信仰しており、自身も猿並みの身体能力を誇る。実は20年前に実家を勘当された幼少期の近藤が転がり込んでいた神社の宮司であり、近藤や当時開いていた寺子屋の子供たちからは「先生」と呼ばれていた。優しい性格で子供達からも慕われていたが、その性格に付け込まれて悪徳高利貸しに神社の土地や子供達を連れ去られてしまい、それを近藤が奪い返したことで報復を受け、神社は燃やされてしまったらしい。それ以降は猿吉小僧として盗みを行う傍ら、自身が開いていた寺子屋に寄付を行っていた。現在では年の影響で体力も衰え、視力も失いつつあり、志村邸で偶然再会した近藤を自身の後継者にしようとする。その後、彼に復讐する為に結託した悪徳高利貸達に拉致されるが、近藤に救出される。そして近藤に感謝を述べて息を引き取る。
高裏華子(こうり はなこ)
声 - 伊東みやこ
かつて猿吉小僧が開いていた寺子屋で子供達の面倒を見ている老婆。実は近藤の寺子屋時代の同級生で、当時から老け顔だった。
螢の想い人(本名不明)
声 - 中村章吾
かつて吉原に売られる前に螢が結婚の約束をした男性。作中では回想中に顔が隠れた状態で登場。鳳仙が倒された時点で次期棟梁を約束されるほどの優秀な大工となっており、棟梁の娘と婚約していた。しかし、螢との約束を守るために縁談を断り、独立するも、無理がたたって歩けなくなるほどの怪我を負ってしまう。実は度々吉原の螢の下を訪れていたが、怪我をしてからは門の外から吉原を眺めていたらしい。
相性占い|おひつじ座|姓名判断
運命の人|金融|エステ
お得!送料無料企画
送料無料アイテムが7800万点以上
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(13.ゲスト)
[6]次ページ
(13.2.架空のキャラクター)

102. 1948年8月30日はモデルとなった井上陽水の誕生日。
103. 316訓の神楽の台詞によると、彼女にも『酢昆布丼』なるメニューを提供していた。
104. 葬儀中に携帯ゲームで遊んでいた若者や、寝ながらふざけたお経を唱えていた坊主等。
105. 質問コーナーや、銀ちゃんねる!の太助の紹介によるとと書かれている。
106. アニメでの正式名称は「覚だけでいうと、これさえあれば力施設なんてもういらないっていうくらいのパワーで職人さんがのでるような努力で作り上げた一品」。
107. 1961年7月21日はモデルとなった羽賀研二の誕生日。
108. アニメ100話の電車の中刷り広告になっていた。本人も写真で登場。
109. 1977年12月6日はモデルとなった市川海老蔵の誕生日。
110. 銀時は直接借りパクしておらず、長谷川が猛から借りパクした物を借りパクした形になる。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/07/20 20:32
脱毛|六星占術|転職
前世占い|恋愛占い|てんびん座
ソ人気記事ランキング
2017/07/25 更新
 1位小原裕貴 (元タレント)
 2位平尾昌晃
 3位オーロラ銃乱射事件
 4位黒革の手帖
 5位ぼくらの勇気 未満都市
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant