銀魂の登場人物一覧
六星占術|スピリチュアル|心理テスト
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
1.かぶき町の住人とその関係者
1.3.かぶき町四天王
かぶき町においても屈指の影響力を持つ4人の人物のこと。お登勢、西郷特盛、泥水次郎長、華佗の4名のことを指す。お登勢、西郷、次郎長の引退および華佗の失脚後は、それぞれ銀時、あずみ、勝男、妙の4人がその座を引き継ぐこととなった。

お登勢とその関係者[編集]


お登勢(おとせ) / 寺田綾乃(てらだ あやの)
声 - くじら(現在)、榎本温子(若い頃)
誕生日:7月7日 / 星座:かに座 / 身長:166cm / 体重:48kg
万事屋の1階にあるスナックバー「スナックお登勢」のママであり、万事屋の大家。「お登勢」は言わば源氏名であり、本名は寺田綾乃。かぶき町四天王の一人でもあり、周囲からは「女帝お登勢」という異名で通っている。
一見怖そうな外見だが、人情に厚く面倒見の良い性格。時にはそのせいで騙されてしまうこともあるが、それすらも自分の性分として受け入れる懐の広い人物。時としてヤクザと住民の間に入ることもあるらしく、周囲に一目置かれている反面、新たな敵を作る機会も多い。従業員のキャサリンやたまを娘のように、万事屋一同の事も家族のように思っており、楽しく暮らして欲しいと願っている。その性格や銀時達の活躍から、かぶき町の顔役として名が通っている。
50年前の外見は今の姿からは想像できない程の和風美女であり、かぶき町のアイドルだったらしい。当時は町の団子屋で働いており、貧しい子供達に無料で団子をあげていたが、彼女に惚れていた少年(「地球人・地球生物」の項参照)が起こした騒ぎのためにそれが発覚してしまい団子屋を辞めさせられた。『銀魂 銀さんと一緒! ボクのかぶき町日記』によれば、その後ジリ貧の生活が続いていたが、たまたま道端に落ちていたパチンコ玉を拾ってパチンコ屋で挑戦した結果フィーバーとなったらしく、その後もパチンコ屋には出入りしているとのこと。
攘夷戦争終結後のある雪の日に、気まぐれで夫・辰五郎の墓参りに行った際、空腹で辰五郎の墓石に寄りかかっていた銀時にお供え物の饅頭をあげ、そのことに恩義を感じた銀時が「旦那の代わりに俺がアンタを護ってやる」と約束し、店の2階に住むようになった。
同じ四天王にして溝鼠組の組長である泥水次郎長とは幼なじみであり、小さい頃から彼のそばに居続け、彼の性格が曲がってしまはないように怒鳴り続けた唯一の人物でもある。かぶき町四天王篇では次郎長に斬られ重傷を負うも、怪我を押して戦場に現れ、華陀の軍勢に苦戦していた次郎長と西郷の軍勢や銀時の仲間達を鼓舞した。一連の騒動の終結後には次郎長に今までかぶき町を守ってきたことに礼を言い、かぶき町を守る世代がいることと残してきた約束があることを悟らせた。
キャサリン
声 - 杉本ゆう
誕生日:8月21日 / 星座:しし座 / 身長:165cm / 体重:55kg
スナックお登勢の従業員。出稼ぎが目的で地球にやってきた天人。故郷に家族がおり、仕送りをしている。: かつては「鍵っ娘キャサリン」の異名を持ち、窃盗団「キャッツパンチ」の一員として活動していた。その頃の腕は衰えておらず、表向きは真面目な従業員のフリをしてスナックお登勢の金を強奪したことがあるが、銀時達の活躍で御用となる。釈放された後は改心し、再びスナックお登勢で働くこととなった。
普段はカタコト言葉で喋るが、実はキャラ作りの一環であったことが判明している[2]猫耳と抜群のスタイルを持つが、肝心のルックスがそれに見合わず、萌え的要素が微塵も感じられない(しかし本人はそのギャップがいいのだと嘯いている)。恋をすると美少女に変貌する特異体質の持ち主。憎まれ口を叩いてもお登勢のことは親同然に思っており、お登勢が次郎長に斬られ入院した際には放心状態に陥り、その際に銀時の放った言葉に今まで見せたことのないほどの怒りの形相で掴みかかるなど、心の底から彼女のことを慕っている。かぶき町四天王篇では、西郷の息子・てる彦を救う活躍をした。
たま
声 - 南央美
製造日:2月23日 / 星座:うお座 / 身長:166cm / 体重:121kg
正式名称は芙蓉 伊-零號試作型(ふよう い-ゼロごうしさくがた)。
スナックお登勢の従業員。林流山が、病弱で孤独だった娘・芙蓉のために造ったプロトタイプの美少女型からくり人形。殺人犯の濡れ衣を着せられて逃げている最中にボディを壊され、首だけになってゴミ捨て場に転がっているところを神楽が持ち帰ったことで、万事屋と関わるようになった。「たま」(漢字表示は)の名付け親も神楽。原動力はオイルと電気[3]
芙蓉をからくりとして再生するために、彼女の人格記憶がインプットされた「種子」というデータを中枢電脳幹に持ち、その影響で未熟ながらも感情が芽生えつつあった。暴走したターミナルを復旧するため大破するが、銀時達によってパーツが回収される。多くのデータを失いながらも平賀源外の手によって復元され、その後はスナックお登勢で従業員として働いている。外見の良さは元より、献身的な業務態度で客からの人気は上々であり、店の看板娘となっている。からくりであるため「人の役に立ちたい」という意識が強すぎて融通のきかない性格だが、金物屋の特売品であるネジを見て涎を垂らしたり、子供たちと遊んで楽しそうに笑ったりと、人間らしい(?)部分が垣間見えるようになった。お登勢から休暇をもらった時、銀時に買ってもらったネジをかんざしとして挿している。
たま相手に懺悔をしに来ている客が大勢おり、たま本人も一人一人に的確かつ優しい言葉をかけているため、その列は絶えない。
からくり特有の能力として、故障したからくりと対話することで故障原因を探り修理すること(通称「機械達の昼休みの一時」)ができるとされている(修理に成功したことは滅多にないが[4]、あんぱんを読み取りすぎたレジの修繕は成功した)。また、料理の食材を口から取り入れて体内で調理する機能を持ち、吐瀉物のように吐き出してオイルにまみれた状態の料理が出せる。凄惨な調理法であるにもかかわらず非常に美味らしく、食べた人に感動をもたらす[5]。なお銀時の家賃回収のために、お登勢の依頼で源外によって改造され、戦闘能力が格段に上げられている。このこともあって、かぶき町四天王篇では次郎長の軍勢や華陀の軍勢との戦いで大活躍した。
金魂篇では、銀時の抹消を企てる坂田金時の催眠波で周囲の人物達が操られる中、定春とともに洗脳を受けなかったため、銀時側に付き万事屋セピアを結成して金時に対抗する。その後銀時と金時の抗争を収めようと奔走するも金時に襲われ中破されるが、終盤で源外に修理され、新たに搭載された機能で金時を仮想世界へ引き込み、彼の野望を打ち砕く決め手となった。
銀ノ魂編では江戸上空を覆うほどの戦艦に対し源外のからくり『ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング源外砲』を金時とともに起動、相手の戦艦を機能停止させた。その後涙を流しながら万事屋に感謝しながら停止した。
山崎が壊したレジに優しく声をかけて修理したのを目の当たりにして以来、彼に一目惚れされている。彼女も「地味」と揶揄されながらも己の職務を忠実に全うして結果を出す山崎を悪くは思っていない様子。
『3年Z組銀八先生』では本邦初の技巧女優として登場し、その後3年Z組に編入する。
寺田 辰五郎(てらだ たつごろう)
声 - 平田広明
お登勢の夫で、物語が始まった時点で故人。生前は岡っ引きであり、銀時と土方を足したような容姿であった。極道である次郎長とは立場が違っていたが、お互いにかぶき町に対する想いは強く、親友として共にかぶき町を護っていた。腕っ節はかなりのもののようであった。
後に攘夷戦争に参加するも、敵の銃弾から次郎長を庇って致命傷を負い、最期に次郎長にお登勢とかぶき町のことを頼んで息を引き取る。
名前のモデルは新門辰五郎

西郷特盛とその関係者[編集]


西郷特盛自身が初期の攘夷志士であり、『かまっ娘倶楽部』の店員にも元攘夷志士のメンバーが多い。なお、『かまっ娘倶楽部』には一時的に桂や銀時も勤めていた。『かまっ娘倶楽部』は全員が青ヒゲを蓄えているため、新八に『ONE PIECE』にちなんで『青ヒゲ海賊団』と呼ばれたことがある。
西郷 特盛(さいごう とくもり)
声 - 江川央生
誕生日:12月7日[6] / 星座:いて座 / 身長:188cm / 体重:110kg
かぶき町四天王の一人であり、『かまっ娘倶楽部』のママ。周囲からは「鬼神マドマーゼル西郷」という異名で通っている[7]
男よりも女よりも美しい心()を持つオカマ。本人曰く「妻が亡くなり、自分が母親代わりにならなければならないという思いが行き過ぎてこうなってしまった」との事。
若い頃は「白褌の西郷」と呼ばれた攘夷戦争の初期に活躍した攘夷志士で、銀時・桂ら若い世代の攘夷志士の大先輩にあたる人物。天人襲来時に彼らの戦艦に白いふんどし一丁で乗り込み、ふんどしが彼らの血で染まるまで倒し続けたという。その頃の腕前は鈍っていないらしく、(不意打ちながらも)桂や銀時を一発で仕留める、巨大な宇宙生物を素手で倒す、更にはかぶき町四天王編で、ゆうに人の3倍はある巨大なを駆使して源外の戦闘ロボを幾体もまとめて破壊する程。かぶき町四天王篇では神楽に顎を拳で打たれ倒れるものの、戦線離脱の為の芝居であり、耐久の面においても衰えを見せていないようである。行き場を失った攘夷志士達を迎え入れていることから、オカマ帝国の建国を目論んでいるのではないかと、華陀に勘繰られた。
四天王の中ではお登勢に次ぐ貴重な良心的存在で、勝男襲撃はお登勢が銀時をけしかけたものであるということを四天王の中でただ一人否定し続けたが、息子のてる彦を人質に取られ、従業員共々銀時達の手助けをすることができなくなってしまう。しかし、新八・神楽・キャサリンの手により息子を救出されてからは、現役時代を思い起こさせる八面六臂の大暴れを見せ、華陀の部隊を潰すのに活躍、隠居した次郎長と失脚した華陀の代わりにお登勢と共にかぶき町を取り仕切ることになった。
銀ノ魂編ではかぶき町の鉄扉の前で茶吉尼族と対峙。門の内側の戦いを銀時達に託し、自分は門の前で壁となることを決め、戦い続けた。
『3年Z組銀八先生』ではフォーエバーで3Zの生徒として登場。男子生徒ではあるが、女子の制服を着ている。
名前のモデルは西郷隆盛
西郷 てる彦(さいごう てるひこ)
声 - 青山桐子
誕生日:2月5日[8] / 身長:147cm / 体重:40kg
西郷特盛の一人息子。オカマとなった父親に育てられたために、よっちゃんら悪ガキ二人にイジメを受けた。父・特盛が母を亡くした自分のためにオカマになったことを負い目に感じているが、一手で育ててくれた特盛を尊敬しており、彼を誇りに思っている。
かぶき町四天王篇では華陀に人質に取られるが、新八・神楽・キャサリンの3人に救出される。
名前のモデルは西郷輝彦
西郷の妻
西郷特盛の妻でてる彦の母。現在は故人でてる彦が物心つく前に他界している。原作では西郷から語られるのみだが、アニメでは遺影が登場しており、生前は美人だった模様。
あずみ
声 - 酒井敬幸
『かまっ娘倶楽部』の店員で、その大きい顎故に銀時達からは「アゴ美」と呼ばれる。アニメでは高天原の店員・十郎太に惚れていたが恋は成就したようである。
かぶき町四天王篇では、自分は百須斗神剣と対をなす「加魔仙流伝承者・拳王アゴウ」だと名乗っていた。その後西郷の隠居に伴い新かぶき町四天王となる。
ワカメ
声 - 太田哲治
かまっ娘倶楽部の店員で、名前はアニメより判明。
バネ子
声 - 平野俊隆
同じくかまっ娘倶楽部の店員で、名前もアニメより判明。

泥水次郎長とその関係者[編集]


泥水次郎長自身が古参の攘夷志士であり、溝鼠組の構成員も腕が立つのが多い。
泥水 次郎長(どろみず じろちょう)
声 - 宮島史年(第55話)、菅生隆之(かぶき町四天王篇)
かぶき町四天王の一人であり、町内でも恐れられている極道の組織である「溝鼠組(どぶねずみぐみ)」の組長。他勢力の台頭以前はかぶき町の王たる存在だった。周囲からは「大侠客の泥水次郎長」という異名で通っており、勝男達からは「オジキ」と呼ばれている。一人称は「オイラ」で肌の色は浅黒く、顔には斬り傷の痕がいくつかある。お登勢とその夫の辰五郎の寺田夫妻とは、幼馴染(お登勢)と友人同士(辰五郎)という間柄。
他の四天王とは非常に折り合いが悪く、特に天人による支配を望んでいる華陀との対立が激しい。町内会の会議といった公の場にも彼だけは2 - 3年は姿を見せていなかった。お登勢に惚れているが、次郎長本人は頑なに否定している上、回覧板の手回しが遅れたというつまらない理由で口論になり、10年以上も口を聞かなかった。
西郷と同様、攘夷戦争の初期には攘夷志士として戦争に参加しており、当時の豪傑ぶりは戦争が終結した今も有名である。現在は老いたこともあり戦うことはないが、仏像を一撃で粉砕し、並の真剣にすら勝る銀時の木刀・洞爺湖(星砕)の紛い物を一太刀でへし折り、抜刀の瞬間が視認できないほどの居合術を誇るなど、その強さは全くといっていい程衰えていない。
天人との戦争時に自分を庇って辰五郎が命を落としたことを気にかけ、ヤクザとしての活動の一方で陰ながらお登勢とかぶき町を守っていた。そのために未だに自分の中で戦が完結しておらずに妻と娘を置き去りにすることになり、それを「戦が終わればいつか必ず帰ってくる」と理解していた妻とは逆に、父に振り向いて欲しい娘の平子が華陀と組むきっかけになった。
華陀の企みにいち早く気づき、銀時と共に華陀の軍勢を撃破。その直後の銀時との再戦で敗れた際に、辰五郎の形見のキセルを銀時に破壊されたことと、病院でのお登勢の言葉で長年自分を縛っていた鎖から解放され、四天王からも溝鼠組からも隠居することを決意する。その後、万事屋の計らいで平子と和解して共に旅をすることになった。
銀ノ魂編では平子とともにかぶき町に帰還しお登勢たちの窮地を救い、その後銀時たちとともに辰羅族の軍勢と対峙する。平子に対しては親バカと化していたが、戦闘では以前に辰羅族と戦った経験を生かして敵の首領蒼達を撃破、敵をかぶき町の外に追いやることに成功した。
名前のモデルは清水次郎長
黒駒 勝男(くろごま かつお)
声 - 石塚堅
誕生日:4月10日 / 身長:178cm / 体重:68kg
「かぶき町の暴君」の異名を持つ、溝鼠組の若頭。関西弁で話す。西郷や次郎長が一線を退いていることもあり、現役ではかぶき町最強と目され最も恐れられている。髪型は七三分けで、7対3を「黄金比」と称えるこだわりがある(モットーもそれになぞらえて、「三借りたら七返す」というもの)。ヤクザらしい非情さと情の厚さをもつ人物。愛犬のメスのダックスフントメルちゃんにはメロメロの愛犬家でもある。
狂死郎に麻薬密売を持ちかけようとしたが、知り合いである銀時たちに成敗された。しかし本人は麻薬が嫌いで快く思っていなかったため、「密売失敗の口実が出来た」と銀時達に感謝している。アニメ版では麻薬取引の話は出てこず、メルちゃんの子供を救ってくれた八郎の母への恩義という形で引き下がっている。
かぶき町野良猫篇では野良猫の繁殖を防ぐため去勢を施すという名目で野良猫を捕獲して、木天蓼(またたび)星大使館に売り飛ばしていた。しかし、野良猫達の絆と木天蓼星の王がやられるのを見届けると「ええもんが見れた」と満足気に退散していった。
かぶき町四天王篇では、溝鼠組を始めとする四天王勢力全てがお登勢を狙うように仕向けるのを目論んだ平子によって重傷を負わされ海に沈められるが、銀時に助けられる。その後、かぶき町を守るため、華陀の軍勢に立ち向かい、その際お登勢とともに士気の鼓舞を目的として登場した(本人曰くお登勢を担ぎ上げて店の屋根に上げたらしい)。その際、華陀の部下であり、夜兎族とも並ぶとされる辰羅族を2人瞬殺するなど、次郎長率いる溝鼠組の若頭として申し分ない実力も見せつけている。その後は次郎長の隠居に伴い新かぶき町四天王となる。
『3年Z組銀八先生』では凄腕の映画監督となっている。作品は「となりのペドロ、ニューメキシコに行く」、「仁義なきジンギスカン鍋」がある。
名前の由来は黒駒勝蔵
椿 平子(ちん ぴらこ) / 泥水 平子(どろみず ぴらこ)<本名>
声 - 野中藍
次郎長一家と抗争を繰り広げていた植木蜂一家の特攻隊長。オレンジ色の髪の毛の前髪の一部をチョンマゲの如く結わえた特徴的な髪型をしている。目にはハイライトが描かれておらず黒一色だが、単行本34巻の表紙では何故かハイライトが描かれている。
外見は可憐で笑顔を絶やさない美少女だが、一度抗争が勃発するや否や八面六臂の大暴れをすることから付いたあだ名が「人斬りピラコ」であり、その本性は残虐かつ狡猾。しかしそれと同時に、他人の大切なものを奪ってでも壊してでも己の大切なものを取り戻そうとする、どこかしら哀しい程の純粋さも併せ持つ。子供の頃に母を亡くし、身寄りをなくした自分を親分に拾われ、親分を親同然に慕ってきたが、次郎長一家の策略によって組が壊滅。「かぶき町で一番の腕っ節を持つ」と噂を聞いた銀時の元へ弟子入りした(銀時から「名前くらいは女の子らしく」と、「万平子(まん びらこ)」という極めて危険な名前を一時的に付けられていた事も)。前述通り外見は可憐な女の子なのだが、物心ついてから極道の世界にいたためその世界しか知らず、発言が全て極めて物騒。
正体は次郎長の一人娘であり、溝鼠組のメンバー達からは「お嬢」と呼ばれている。銀時に近づいたのは、かぶき町屈指の強さを持つ彼を溝鼠組の傘下に取り入れるためであった。手始めに銀時が溝鼠組と否応なく戦わざるを得ない状況を作り出し、次いで他の四天王勢力がお登勢を狙うように仕向けるべく、銀時がやったように見せかけて、勝男に重傷を負わせた。その勢いのまま西郷と手を組んだ面々を率いて万事屋と全面抗争になるも、万事屋達の築いてきた絆の前に劣勢になり、お登勢を傷つけたことに激怒した新八に一撃で倒される。その後手を貸していた華陀の裏切りに直面、お登勢の言葉をきっかけに次郎長のもとへ向かい、父が銀時の手で鎖を解き放たれる瞬間を目の当たりにする。自分がやってきたことへの償いから華陀を道連れに死のうとするも銀時に止められ、万事屋の計らいで父と涙の和解を果たし、共に旅をすることになった。
銀ノ魂編においてかぶき町に帰還。落下する新八たちを助け、ともに帰って来た次郎長とともに銀時達に加勢する。
名前の由来はチンピラから。
平子の母
平子の母親で次郎長の元妻。現在は故人。
かつて溝鼠組と敵対していた植木鉢一家の人間。生前は攘夷戦争で親友(寺田辰五郎)を亡くした次郎長の心境を理解しており、彼を良く思わなかった平子を諭した。

華陀とその関係者[編集]


転職|ワンピース|エステ
星座占い|しし座|四柱推命
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(1.2.万事屋の血縁者)
[6]次ページ
(1.4.スナックすまいる)

2. アニメ第43話にて露見
3. 就寝時に充電。リセットを押しながら電源を切っている。
4. 修理を試みた末に大破させてしまったこともある。
5. 山崎が食べたときは、嘔吐していた。
6. 文政10年12月7日(1828年1月23日)は、モデルとなった西郷隆盛の誕生日。
7. 特盛はクラブを経営しているがモデルとなった隆盛は下戸で酒は飲まなかった。
8. 1947年2月5日は、モデルとなった西郷輝彦の誕生日。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/11/19 01:31
ふたご座|さそり座|がん保険
前世占い|運命の人|おうし座
ソ人気記事ランキング
2017/11/21 更新
 1位鶴ひろみ
 2位難波圭一
 3位松平信康
 4位奈良小1女児殺害事件
 5位大動脈解離
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant