サービス終了のお知らせ
▼人気記事ランキング
5.用途
5.4.食用としての利用
厚生労働省では既存添加物89番、E番号では着色料E175として分類される。インドなどでは、バーク(サンスクリット語: ???)と呼ばれ食されている。ヨーロッパでは16世紀から食されており、もとは薬用として摂取されていた。もっとも有名な例としては、1598年以前から生産されている金粉を添加した薬用酒「ゴールドワッサー」などがある。

金箔や金粉は味や栄養に影響しないが華やかに見えるという点から、飲料や料理の食材にあるいは酒に混ぜるなどして用いられる。この用途の金粉には、割り金として銅は含まれていない(銅抜きと呼ばれる)。
食器類に用いる場合は、見栄えを良くするのみならず、食品に金属の味をつけない利点がある。
[4]前ページ
(5.3.装飾品としての用途)
[6]次ページ
(6.カラーゴールド)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/12 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant