サービス終了のお知らせ
▼人気記事ランキング
5.用途
5.3.装飾品としての用途
キャストプレスを用いた量産タイプの指輪やブローチ、彫金による一品ものなどジュエリーとしての用途が多い。
金糸は、刺繍等に用いられる。
装飾品や美術工芸品。建物など。純金製にすると高額なため、表面だけを金色に仕上げる金箔や金めっき、金を含む塗料[11]も使われる。
金は通常びることがなく、アクセサリーとして手入れしやすく、安心して身につけられることも人気の理由となっている。ただし、一部に金属アレルギーに関する懸念がある。

純金は軟らかく、そのままでは装飾品として機能しづらい。従ってほとんどの場合、別の金属(割り金)を添加した合金を用いて装飾品を作る(純度に関しては当該項目を参照)。国内の装飾品では K18 や K14 が一般的であるが、欧米ではK9やK8も市場に多い。

金を使った装飾品は、特にインドや中華人民共和国で需要が高い[10]。また、日本製の金装飾品は品質が高く、アジアからの観光客に人気がある[10]。現在は貴金属を使わないコスチュームジュエリーなどが伸びてきており、金装飾品の需要を減らしている[10]

[4]前ページ
(5.2.通貨・投資対象としての利用)
[6]次ページ
(5.4.食用としての利用)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/12 19:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant