金本位制
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
金本位制(きんほんいせい、英語: gold standard)とは、一国の貨幣価値(交換価値)をに裏付けられた形で金額を表すものであり、商品の価格も金の価値を標準として表示される。この場合、その国の通貨は一定量の金の重さで表すことができ、これを法定金平価という[1]大不況 (1873年-1896年) 期に採用が進み、20世紀には国際決済銀行ブレトンウッズ体制の礎となった。
目次
1.概要
2.均衡のプロセス
3.不況レジームとしての国際金本位制(金の足かせ)
4.歴史
5.文献情報
6.脚注
7.関連項目

1. 日本では1871年、新貨条例が定められ、この時金平価は1円=純金1.5グラムとされたが、その後1897年の貨幣法施行で金平価は半減され、1円=純金750ミリグラムとなった。

出典:Wikipedia
2018/03/23 09:30
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant