金田正一
▼人気記事ランキング
1.概説
愛称は「カネやん」、「天皇[3]。少年時代のあだ名は「電柱」「割り箸」など。プロ入り後は「巨人キラー」と言われた[4]

現役時代は国鉄スワローズ・読売ジャイアンツでプレーし、日本球界不滅の400勝を記録。引退後はロッテオリオンズ監督(1973年 - 1978年, 1990年 - 1991年)を務め、1974年には前期リーグ優勝、日本一を達成している。千葉ロッテマリーンズ取締役のほか、2009年12月3日まで日本プロ野球名球会会長(代表幹事、同社代表取締役社長)を務めた。2009年11月までは、経営する自身の個人事務所「カネダ企画」内に名球会事務局が置かれていた。

実弟は元プロ野球選手の金田高義金田星雄金田留広で、1軍経験があるのは留広のみ。息子は俳優金田賢一。甥に元プロ野球選手の金石昭人がいる。ちなみに留広は、金田が巨人で現役を引退した1969年に、右投手として東映フライヤーズへ入団。この年のオールスターゲームでは、正一がセントラル・リーグ、留広がパシフィック・リーグの監督推薦選手として出場していたことから、7月19日東京スタジアム(ロッテオリオンズの当時の本拠地)で開かれた第1戦では、「投手・留広対打者・正一」という(公式戦を含めても)生涯唯一の対戦が実現している(結果は正一が二塁へのフライで凡退)。

[6]次ページ
(2.1.プロ入り前)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/16 23:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/18 更新
 1位日本
 2位令和元年台風第19号
 3位10月17日
 4位ブルガリア難民射殺事件
 5位ジョンベネ殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant