サービス終了のお知らせ
金正日の死
▼人気記事ランキング
4.哀悼期間、弔問
特別放送では12月17日から29日までを哀悼期間と定め、また12月20日から27日まで弔問客を迎えると発表した。哀悼期間中は北朝鮮国内の政府関連機関や企業全てが弔問活動を行うほか、半旗を掲げることとされた[28]一方、外国からの追悼団については受け入れないことも発表された[20][28]。また歌舞や娯楽活動は全て停止される[28]

12月29日、朝鮮中央通信は哀悼期間中に北朝鮮の延べ2億6000万人が弔意を表したと報道した[29]。北朝鮮の人口は約2400万人とされており、事実であれば一人あたり10回以上弔問した計算になる[30]

この際、弔慰金が国外の北朝鮮人により半ば強制的に集められたことが日本や韓国のマスコミで報じられ、金正恩が返還を指示するに至った[31]

[4]前ページ
(3.遺体の処置)
[6]次ページ
(4.1.韓国の対応)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/23 02:04
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant