金正日の死
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
金正日 > 金正日の死 朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の第2代最高指導者であった金正日の死(キム・ジョンイルのし)は、2011年12月19日に北朝鮮の国営放送朝鮮中央テレビなど)によって公表された。
これにより17年間にわたる金正日体制は終焉を迎え、三男である金正恩に、金正日と同じ「領導者」の称号が与えられ[1]、後継者として北朝鮮の第3代最高指導者に擁立されることとなった。
目次
1.死亡状況
2.国内外への公表
3.遺体の処置
4.哀悼期間、弔問
├4.1.韓国の対応
├4.2.日本の対応
└4.3.個人の対応
5.葬儀と追悼大会
├5.1.葬儀
└5.2.追悼大会
6.死の予兆
7.死後の偶像化
├7.1.中央追慕大会
└7.2.追号と職位の永久欠番化
8.死に対する反応
├8.1.朝鮮半島
└8.2.朝鮮半島外
9.周辺国の対応
10.影響
├10.1.経済
├10.2.拉致問題
├10.3.そっくりさん
├10.4.コメディ
├10.5.コンピューター関連
└10.6.中華電視公司のパロディ
11.関連項目
12.出典
出典:Wikipedia
2018/10/08 01:01
ソ人気記事ランキング
2018/12/17 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位12月16日
 4位艶堂しほり
 5位マコーレー・カルキン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant