金星
▼人気記事ランキング
3.人類と金星
3.4.近代における金星像
近代の科学者は、金星の姿を推測し続けた。ノーベル賞受賞者であるスヴァンテ・アレニウスは、金星は石炭紀の湿原のようであると主張した。これは当時、相当程度支持されたが、1920年代には、光学分析により金星の大気に大量の水が含まれてはいないことが明らかになった。それでもなお、石炭紀的な金星像を支持する学者も少なからずいた。こうした金星理解を背景に、金星への植民が構想された。たとえばカール・セーガンは、金星の雲の中に藍藻類を投下して金星の大気中の二酸化炭素を酸素に置き換える案を提案している[31]。しかしこうした推測は、1960年代以降に金星探査機が続々と打ち上げられ、データが集積されて金星がとても人類の生息できる環境ではないことが判明するとともに姿を消していった[32]
それでもなお、重力が地球とほぼ同じである点や、高度50kmほどの上層大気においては地球と気圧や温度がほぼ同一となるなどの利点があるため、宇宙移民計画の一端として金星への植民計画はいくつか構想されている。こうした計画においては、地表部分の高熱や高い大気圧、大気の成分が人類の呼吸に適していないなどの難点を克服する必要があり、フローティングシティを上層大気に浮かべて居住地とする案や、金星の周囲にソーラーシールドを張り巡らせて強制的に気温を下げ、テラフォーミングを行うなどの案が提案されている[33]が、いずれも21世紀の技術ではほぼ実現不可能な案であり、仮に可能となったとしても実現に数百年は要すると考えられている[34]
[4]前ページ
(3.3.惑星記号)
[6]次ページ
(3.5.金星探査の歴史)

32. 矢沢サイエンスオフィス, p. 72.
33. 矢沢サイエンスオフィス, p. 26.
34. 矢沢サイエンスオフィス, p. 118.
35. 矢沢サイエンスオフィス, p. 74.

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/05/06 18:00
ソ人気記事ランキング
2018/05/23 更新
 1位栗城史多
 2位津川雅彦
 3位朝丘雪路
 4位5月22日
 5位会津若松母親殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant