近代能楽集
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
近代能楽集』(きんだいのうがくしゅう)は、三島由紀夫戯曲集。謡曲を近代劇に翻案したもので、国内のみならず海外でも舞台芸術として好評な作品群である[1]。自由に時間空間を超える能楽の特質を生かし、独自の前衛的世界を醸し出しているこれらの作品群は、写実的な近代演劇では描ききれない形而上学的な主題や、純化した人間の情念を象徴的に表現している[2][3][1]
1956年(昭和31年)4月30日に新潮社より刊行されたものには、「邯鄲(かんたん)」「綾の鼓(あやのつづみ)」「卒塔婆小町(そとばこまち)」「葵上(あおいのうえ)」「班女(はんじょ)」の5曲が収録され、1968年(昭和43年)3月25日刊行の新潮文庫版には、「道成寺(どうじょうじ)」「熊野(ゆや)」「弱法師(よろぼし)」の3曲を加えた全8曲が収録された。「源氏供養(げんじくよう)」という9作目も発表されたが、三島が自分の意思で廃曲とした[4][5]
翻訳版はドナルド・キーン訳(英題:Five Modern Noh Plays)をはじめ、イタリア(伊題:Cinque n? moderni)、フランス(仏題:Cinq n?s modernes)など世界各国で行われている[6]
目次
1.作品成立・概要
2.作品評価・研究
3.邯鄲
├3.1.あらすじ
└3.2.おもな舞台公演
4.綾の鼓
├4.1.あらすじ
└4.2.おもな舞台公演
5.卒塔婆小町
├5.1.あらすじ
├5.2.おもな舞台公演
└5.3.テレビ・ラジオドラマ化
6.葵上
├6.1.あらすじ
├6.2.おもな舞台公演
└6.3.テレビドラマ化
7.班女
├7.1.あらすじ
├7.2.おもな舞台公演
└7.3.ラジオドラマ化
8.道成寺
├8.1.あらすじ
├8.2.おもな舞台公演
└8.3.ラジオドラマ化
9.熊野
├9.1.あらすじ
├9.2.おもな舞台公演
└9.3.ラジオドラマ化
10.弱法師
├10.1.あらすじ
└10.2.おもな舞台公演
11.源氏供養
├11.1.あらすじ
└11.2.舞台公演
12.Long After Love
├12.1.あらすじ
└12.2.舞台公演
13.附子
└13.1.あらすじ
14.おもな刊行本
└14.1.全集収録
15.音声資料
16.映像資料
17.脚注
18.参考文献
19.関連項目
20.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/29 16:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/16 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月15日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant