近代日本思想大系
▼人気記事ランキング
概要
近代日本思想大系(きんだいにほんしそうたいけい)は、1975年から1990年にかけて、筑摩書房から刊行された日本思想史叢書。全36巻。
概要
明治維新以後、1945年敗戦に至るまでの日本の主要な思想的著作を収録し、各巻末に「解説」「参考文献」「年表」「著者略歴」を付す構成となっている。1978年、刊行元である筑摩書房の業績不振による会社更生法適用申請をはさんで刊行が継続され、刊行開始より最終配本に至るまで実に15年が費やされた。
先行する『現代日本思想大系』(1963年より1968年まで刊行 / 全35巻)の後継企画として刊行されたが、現代日本思想大系がテーマ別編集を中心とし、また第二次世界大戦後の著作まで収録しているのに対し、近代日本思想大系では著者別編集が中心というオーソドックスな構成となっており、また収録される著作も1945年敗戦までの時期のものに限られている(なお著者別編集から漏れた著作は、追補的な時代別アンソロジーとして「明治思想集」・「大正思想集」・「昭和思想集」の諸巻が編集され、そちらに収録された)。しかしながら著者別編集の巻についても、進化論啓蒙家の丘浅次郎アナキスト石川三四郎など、思想家としては従来ほとんどスポットが当てられなかった人物に独立した巻が充てられた点などに新しさがうかがわれる(特に丘の進化論思想については、この大系の刊行が研究の進展につながったことは否定できない)。
全巻の内容
カッコ内は当該巻の編集・解説担当者。
勝海舟集(佐藤誠三郎
福沢諭吉集(石田雄
中江兆民集(松永昌三
陸羯南集(植手通有)
三宅雪嶺集(本山幸彦
内村鑑三集(内田芳明
岡倉天心集(梅原猛
徳富蘇峰集(神島二郎
丘浅次郎集(筑波常治
木下尚江集(武田清子
西田幾多郎集(竹内良知
鈴木大拙集(古田紹欽
幸徳秋水集(飛鳥井雅道
柳田國男集(鶴見和子
長谷川如是閑集(宮地宏)
石川三四郎集(鶴見俊輔
吉野作造集(松尾尊~
河上肇集(内田義彦
山川均集(高畠通敏
大杉栄集(大沢正道)
大川周明集(橋川文三
折口信夫集(広末保
田辺元集(中埜肇
柳宗悦集(鶴見俊輔)
和辻哲郎集(梅原猛)
林達夫集(山口昌男
三木清集(住谷一彦
戸坂潤集(中岡哲郎
小林秀雄集(吉本隆明
明治思想集T(松本三之介
明治思想集U(同上)
明治思想集V(同上)
大正思想集T(今井清一
大正思想集U(鹿野政直
昭和思想集T(松田道雄
昭和思想集U(橋川文三)
関連項目
現代日本思想大系
戦後日本思想大系
日本近代思想大系 - 岩波書店刊の叢書で日本思想大系の後継企画としての位置づけであり、幕末維新期から明治憲法制定期までを扱う。名称が紛らわしいので注意。
出典:Wikipedia
2016/01/26 06:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/08 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant