サービス終了のお知らせ
橋田正人
▼人気記事ランキング
概要
橋田 正人(はしだ まさひと)は日本パーカッション奏者[1]音楽プロデューサー[2]、日本で最初の本格的なサルサ・バンドとされるオルケスタ・デル・ソルの創始者。1970年代以降、ペッカーの通称で多数のレコーディングに参加し、後には橋田"ペッカー"正人[1]ペッカー橋田などと名乗って活動している[3]

経歴[編集]

1970年、プロのミュージシャンとしての活動を始める[2]

1977年アメリカ合衆国へ渡り、ブラックミュージックラテン音楽系のミュージシャンたちとセッションを重ねる[1]

1978年、日本で最初の本格的なサルサ・バンドとされるオルケスタ・デル・ソルを結成し、1981年には最初のレコードを出した[4]

1980年には、ジャマイカでソロ・アルバムをレコーディングし[1]、『ペッカー・パワー』としてリリースした[5]。また、10インチ・レコードの企画盤『インスタント・ラスタ』を発表した[5][6]

活動開始以来、多数のレコーディングにセッション・ミュージシャンとして参加し、総数は25,000曲以上に達する[1][2]

他方では、テレビCMナレーションも数多く手がけている[1][2]

2000年頃からドラムサークルの普及に取り組み、2004年にはドラムサークルファシリテーター協会 (DCFA) を設立して、理事長とった[1][2][7]

2011年東日本大震災の被災地支援を目的として、特定非営利活動法人楽器で笑顔基金を設立し、理事長となる[2][8]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ペッカー ハシダ (@peckari) - Twitter
出典:Wikipedia
2019/12/27 08:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant