橋下徹
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.2.弁護士として
司法修習を経て1997年に弁護士になった橋下は大阪の樺島法律事務所に入る。樺島事務所に入った後、「同和地区に住んでいたけど私は同和じゃなかった。だから、私は同和問題はやりません」と言い、部落解放同盟朝田善之助派が起こした京都市営住宅家賃値上げ反対訴訟に参加することを拒否した[12]

1998年(平成10年)、大阪市内に自前の「橋下綜合法律事務所」を設立して独立。示談交渉による解決を看板にする。飛び込み営業なども行い顧客を集め[13]、弁護士としての主な担当業務は企業コンプライアンスM&A、エンターテインメント法、スポーツビジネスなど。大正時代に築かれた日本最大級の遊廓と言われ、最後の色街ともいわれる飛田新地の料飲組合の顧問などもしていた[14]2008年(平成20年)2月6日大阪府知事に就任した後は、事務所を法人化し別の弁護士が運営する。芸能事務所タイタンと業務提携し、自身のタレントとしてのマネージメントを委託していた。また、同社の顧問弁護士も務めていた。

[4]前ページ
(1.1.生い立ち)
[6]次ページ
(1.3.マスメディア出演)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/08/14 15:01
ソ人気記事ランキング
2018/08/17 更新
 1位日本航空123便墜落事故
 2位SMAP解散騒動
 3位岩倉具視
 4位ノモンハン事件
 5位8月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant