橋下徹
▼人気記事ランキング
3.見解・発言
3.10.国民の定義について
2010年2月26日、大阪府議会で、下記の様な考えを明らかにした[54]
出生主義か、血統主義かをいろいろ考えるに当たっては、やはり天皇制が一番重要なポイントになってくると思います。日本国憲法の第一章のところ、一番最初のところに、国民の権利義務の前のところに天皇制というものをきちんと置いて、我々は天皇制をいただいているということは、やはりこれは血統主義なんだと、日本の国柄というものは血統主義なんだということを前提に我々の国家、日本というものは成り立っているんではないかというふうに考えます。(引用) 大阪府議会 定例会本会議会議録 2010年2月26日 P.20 12 - 15行目

外国人地方参政権の参政権だけのところに焦点が当たっていますけれども、日本人とは何ぞやというところで本当は議論しなければいけないというふうに思っています。アメリカだとか、いろんな他国の制度と比較されますけれども、例えば在日韓国人の問題が僕は大阪で一番ポイントになってくると思うんですが、在日韓国人の二世、三世は、生地主義を、出生主義をとれば、これは日本人になってしまうわけなんですね。国民になってしまう。血統主義でいけば、在日韓国人は帰化しない限りは外国人ですけれども(後略)(引用) 大阪府議会 定例会本会議会議録 2010年2月26日 P.20 6 - 9行目

[4]前ページ
(3.9.外国人参政権)
[6]次ページ
(3.11.選択的夫婦別姓問題)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/01/08 13:32
ソ人気記事ランキング
2019/01/20 更新
 1位日本
 2位軽井沢スキーバス転落事故
 3位1月19日
 4位家政婦は見た!
 5位SMAP解散騒動
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant