橋づくし
▼人気記事ランキング
12.参考文献
『決定版 三島由紀夫全集19巻 短編5』 新潮社、2002年6月。。 
『決定版 三島由紀夫全集33巻 評論8』 新潮社、2003年8月。。 
『決定版 三島由紀夫全集35巻 評論10』 新潮社、2003年10月。。 
『決定版 三島由紀夫全集42巻 年譜・書誌』 新潮社、2005年8月。。 
三島由紀夫 『花ざかりの森憂国――自選短編集』 (改版) 新潮文庫、1992年3月。。  初版は1968年9月。
井上隆史; 佐藤秀明; 松本徹編 『三島由紀夫事典』 勉誠出版、2000年11月。。 
井上隆史; 佐藤秀明; 松本徹編 『三島由紀夫と映画』 鼎書房〈三島由紀夫研究2〉、2006年6月。。 
佐藤秀明 『三島由紀夫――人と文学』 勉誠出版〈日本の作家100人〉、2006年2月。。 
岩下尚史 『見出された恋 「金閣寺」への船出』 雄山閣、2008年4月。。  - 文庫版(文春文庫)は2014年8月
岩下尚史 『ヒタメン――三島由紀夫が女に逢う時…』 雄山閣、2011年12月。。 
高橋広満 「〈模倣〉のゆくえ三島由紀夫『橋づくし』の場合」、『日本文学』 (相模女子大学短期大学部)第47(1)号47-57頁、1998年1月。 NAID 110009909857。 
竹田日出夫 「三島由紀夫『橋づくし』論」、『武蔵野女子大学紀要』 (武蔵野女子大学紀要編集委員会)第14号57-66頁、1979年。 NAID 40003624517。  『渇仰と復活の挿画――吉郎 武郎 透谷』(双文社出版、1996年2月) ISBN 978-4881645086に所収。
長谷川泉; 武田勝彦編 『三島由紀夫事典』 明治書院、1976年1月。NCID BN01686605。 
前田愛 『幻景の街――文学の都市を歩く』 岩波現代文庫、2006年12月。。  ハードカバー版(小学館)は1986年11月 
八木惠子 「『橋づくし』――日本事情として読む三島由紀夫と中央区築地界隈」、『広島大学留学生教育』 (広島大学留学生センター)第4号21-35頁、1999年。 NAID 120000876290。 
ダニエル・ストラック 「三島の『橋づくし』――反近代の近代的表現として」、『近代文学論集』 (日本近代文学会九州支部)第29号85-95頁、2003年。 NAID 40006048801。http://www.dcstrack.com/pdf/strack%20-%20mishima%20no%20hashizukushi.pdf 
[4]前ページ
(11.脚注)
[6]次ページ
(13.関連事項)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/02/03 09:01
ソ人気記事ランキング
2019/05/27 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位インデペンデンス・デイ
 5位研音グループ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant