橋づくし
▼人気記事ランキング
10.おもな刊行本
『橋づくし』(文藝春秋、1958年1月31日)
クロス装。機械函。同年の「昭和33年9月30日発行」の5刷で函の色が青色から朱色に変更。
収録作品:「橋づくし」「施餓鬼舟」「急停車」「博覧会」「十九歳」「女方」「貴顕」
限定版『橋づくし』(牧羊社、1971年1月7日) 限定360部
題簽:竹柴蟹助。造本:直木久蓉。B5変型判。和装袋綴。布装。帙。袋裂。夫婦函。段ボール外函。
帙(内側)に「築地絵図」印刷。袋裂に平岡家の家紋(抱茗荷)入。
雪の巻、月の巻、花の巻、各限定120部。記番と署名入。
雪、月、花の巻はそれぞれ、本文袋綴の芯紙、奥付、表紙(江戸小紋四ッ目菱)、袋裂(一越縮緬)、段ボール外函の題簽の色の組み合わせが異なる。
※ 3種360部のほか、非売品「限定著者自筆署名特製本」(表紙・江戸鮫小紋)が23部あり。
自選短編集『花ざかりの森憂国』(新潮文庫、1968年9月15日。改版1992年3月20日)
白色帯。口絵写真1頁1葉(映画『憂国』スチール)。
自作解説:三島由紀夫
収録作品:「花ざかりの森」「中世に於ける一殺人常習者の遺せる哲学的日記の抜萃」「遠乗会」「卵」「詩を書く少年」「海と夕焼」「新聞紙」「牡丹」「橋づくし」「女方」「百万円煎餅」「憂国」「月」
※ のちにカバー改装。
『近代浪漫派文庫42 三島由紀夫』(新学社、2007年7月)
カバー装幀画:パウル・クレー
収録作品:「十五歳詩集」「花ざかりの森」「橋づくし」「憂国」「三熊野詣」「卒塔婆小町」「太陽と鉄」「文化防衛論
英訳版『真夏の死 その他』 “Death in Midsummer and other stories”(訳:エドワード・G・サイデンステッカードナルド・キーンアイヴァン・モリス、ほか)(New Directions、1966年。Penguin Books Ltd、1986年)
収録作品:真夏の死(Death in Midsummer)、百万円煎餅(Three Million Yen)、魔法瓶(Thermos Flasks)、志賀寺上人の恋(The Priest of Shiga Temple and His Love)、橋づくし(The Seven Bridges)、憂国(Patriotism)、道成寺(D?j?ji)、女方(Onnagata)、真珠(The Pearl)、新聞紙(Swaddling Clothes)
※ 1967年(昭和42年)度のフォルメントール国際文学賞 (Formentor Literature Prize)第2位受賞。
[4]前ページ
(9.ラジオドラマ化)
[6]次ページ
(10.1.全集収録)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/02/03 09:01
ソ人気記事ランキング
2019/05/23 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位田口淳之介
 4位5月22日
 5位MALICE MIZER
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant