橋づくし
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
橋づくし』(はしづくし)は、三島由紀夫短編小説銀座築地界隈を舞台に、陰暦8月15日満月の夜に7つの橋を渡り願掛けをする4人の女たちの悲喜交々を、数学的な人工性と古典的な美学とを巧妙に組み合わせて描いた作品である[1][2][3]。誰が最後まで橋渡りに成功するかの道行からオチの意外性、優れた技巧と構成で、多くの文芸評論家や作家から、短編の傑作として高い評価を受けた[4][5][6]
1958年(昭和33年)10月には、三島が書いた舞踊用台本で舞踊劇が上演され、1961年(昭和36年)7月には新派で劇化上演された[5]1967年(昭和42年)度のフォルメントール国際文学賞 (Formentor Literature Prize)で第2位を受賞した英訳の短編集『真夏の死 その他』(“Death in Midsummer and other stories”)の中の一作となっている[7][8]
目次
1.発表経過
2.あらすじ
3.登場人物
4.作品背景・主題
5.作品評価・研究
6.記念碑
7.舞台化
8.テレビドラマ化
9.ラジオドラマ化
10.おもな刊行本
├10.1.全集収録
└10.2.アンソロジー収録
11.脚注
12.参考文献
13.関連事項
出典:Wikipedia
2019/02/03 09:01
ソ人気記事ランキング
2019/04/20 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位島田さくら
 4位永山則夫連続射殺事件
 5位モンキー・パンチ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant