強姦
▼人気記事ランキング
3.治療
3.1.強姦された場合の対処
被害直後には、身体の安全の確保を優先する。被害後、72時間以内に産婦人科を受診し、性病妊娠の検査をする。検査費用は警察へ被害を届け出た場合は、公費負担がある。産婦人科では妊娠の防止のための緊急避妊が行われる。また、この際に同意があれば強姦を証明するのに必要な加害者の体毛体液などの証拠収集が行われる。多くの地域で、性被害者を支援する機関があり、こうした機関からの紹介や、警察の紹介で産婦人科を選択する[3]

その後のカウンセリングなど精神的サポートも極めて重要である。被害者は、強姦時の強い恐怖から、被害後に、精神不安定や不眠心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神反応が多くみられ人間不信に陥ることも多いためである。サポートを1か所で提供しているワンストップ支援センターが全国各地に所在している[3]

周囲にいる者は、被害者にも責任の一端があったかのような言動は避ける。性被害にあった被害者に対し、周囲の人間がさらに傷つける言動を行うことは、「二次被害」、「セカンドレイプ」と呼ばれる。また、本人がすぐに病院や相談機関へ行きたがらない場合は、無理やり連れていくようなことは避ける[3]

[4]前ページ
(2.定義)
[6]次ページ
(5.統計)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/11/05 01:00
ソ人気記事ランキング
2018/11/19 更新
 1位日本
 2位自殺
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位フレディ・マーキュリー
 5位奈良小1女児殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant