共有結合
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
共有結合(きょうゆうけつごう、: covalent bond[1]は、原子間での電子対の共有をともなう化学結合である[2]。結合は非常に強い。ほとんどの分子は共有結合によって形成される。また、共有結合によって形成される結晶が共有結合結晶である。配位結合も共有結合の一種である。
この結合は非金属元素間で生じる場合が多いが、金属錯体中の配位結合の場合など例外もある。
共有結合はσ結合性π結合性金属-金属結合性、アゴスティック相互作用、曲がった結合三中心二電子結合を含む多くの種類の相互作用を含む[3][4]。英語のcovalent bondという用語は1939年に遡る[5]。接頭辞のco- は「共同」「共通」などを意味する。ゆえに、「co-valent bond」は本質的に、原子価結合法において議論されているような「原子価」(valence)を原子が共有していることを意味する。
H2分子中で、水素原子は共有結合を介して2つの電子を共有している[6]。共有結合性は似た電気陰性度の原子間で最大となる。ゆえに、共有結合は必ずしも同種元素の原子の間だけに生じるわけではなく、電気陰性度が同程度であればよい。3つ以上の原子にわたる電子の共有を伴う共有結合は非局在化している、と言われる。
目次
1.歴史
2.共有結合の種類
3.共有結合構造
4.1電子結合と3電子結合
5.共鳴
├5.1.芳香族性
├5.2.超原子価
└5.3.電子不足
6.量子力学的描写
├6.1.原子価結合理論
├6.2.分子軌道理論
└6.3.比較
7.脚注
8.参考文献
9.関連項目
出典:Wikipedia
2019/04/28 00:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/22 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位菊池桃子
 4位新潟少女監禁事件
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant