サービス終了のお知らせ
共通中間言語
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
共通中間言語(きょうつうちゅうかんげんご、英語: Common Intermediate Language、略称 : CIL("sil" や "kil" と発音される))は、共通言語基盤 (Common Language Infrastructure、CLI) で定義された最も低水準な人間が解読可能なプログラミング言語であり、.NET FrameworkMonoにより使用される。CLI互換な実行環境をターゲットとしている言語はCILにコンパイルされる。そのCILはバイトコードスタイルフォーマットであるオブジェクトコードにより組み立てられている。CILはオブジェクト指向アセンブリ言語であり、完全なスタックベースである。そのバイトコードはネイティブコードに翻訳されるか、仮想機械により実行される。
.NET言語がベータリリースである間、CILはMicrosoft Intermediate Language (MSIL) と呼ばれていた。C#およびCLIの標準化により、現在ではバイトコードは公式にCILと呼ばれる。[1]
目次
1.概要
2.命令
3.計算モデル
├3.1.オブジェクト指向概念
└3.2.メタデータ
4.
5.生成
6.実行
├6.1.実行時コンパイル
└6.2.事前コンパイル
7.脚注
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/11/07 22:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant