京都アニメーション
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.5.第1スタジオにおける放火事件(京都アニメーション放火事件)
2019年7月18日、第1スタジオ(後節参照)で放火による火災が発生し、建物が全焼。国内の放火事件では平成以降最悪となる35名の死者を出し、35名が病院に搬送された。このうち15名が重傷や重体、7人が無事だった[13][14][15][16][17]。この放火で過去の作画や資料の多くが焼失した[17]。一方で2019年7月20日から8月31日まで徳島市書店小山助学館本店で京アニ原画展「私たちは、いま!!特別展」が企画されており、事前に貸し出されていた原画70点は被害を免れている。尚、原画等は紙書類は殆どが焼失したがデータ化されサーバに保存されていた物は被害を免れている。サーバが置かれていた部屋は火元から遠くコンクリートで囲われていたことから被害を免れたとされる。

放火事件の2日後である7月20日、社長の八田英明は甚大な被害を受けた同社の第1スタジオを取り壊す意向を明らかにした[19]

[4]前ページ
(2.4.文庫レーベル展開後)
[6]次ページ
(3.1.原作の再現度)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/18 15:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant