サービス終了のお知らせ
京成電鉄
▼人気記事ランキング
9.特記事項
9.3.列車および車両
原則として、運転士車掌が同一行路でペアを組み乗務する。
京成電鉄では行商の人のために2013年3月29日まで「行商専用車」を運転していた。かつては行商専用列車が数往復していて、一部に押上発着もあったが、末期は上り普通列車1本(第732列車、7:46芝山千代田発・9:52京成上野着[56])のみで、6両編成の最後尾の1両を専用車に充て、この車両には一般の旅客は乗車できなかった。ただし、稀に行商組合で定められた休日のみ、当該時刻の列車であっても一般客に開放された。運用は6両固定すべてが入り、最新の3000形も「行商専用車」の札を横窓に下げ、5両目と6両目の間の貫通扉にも札を下げていた。同様の目的を持った列車としては、近畿日本鉄道で鮮魚の行商人専用に列車を貸し切っている鮮魚列車が2016年3月現在も運行されている。
2005年5月より平日上りの通勤特急の成田寄り1両に女性専用車を設定した。
[4]前ページ
(9.2.旅客向け案内)
[6]次ページ
(9.4.鉄道施設内の商業撮影)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/13 08:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant