サービス終了のお知らせ
京成電鉄
▼人気記事ランキング
9.特記事項
9.1.「京成」を冠する駅名の扱い
京成電鉄は、正式名称に自社名を冠する駅(京成○○)の数が日本の鉄道会社の中でも多い。
列挙すると、上野関屋高砂小岩八幡中山西船船橋津田沼大久保大和田臼井佐倉酒々井成田(以上本線)、曳舟立石(以上押上線)、金町(金町線)、幕張本郷幕張稲毛千葉(以上千葉線)の計22駅がある。
営業エリア圏内、圏外を問わず、同じ駅名または似た駅名が存在する、あるいは存在したという共通点がある。
京成電鉄では、自社線内向けの案内(車内放送や駅名標、行先表示など)においては原則として「京成○○」(例:京成高砂京成千葉)という正式駅名から「京成」を省略し「○○」(例:高砂、千葉)と案内している[注釈 12]
ただし一部例外があり、京成津田沼駅については「京成津田沼」と駅名標や路線図に書かれている(方向幕や駅・車両の案内表示器は新京成電鉄保有の車両を除き「津田沼」とだけ表示)。また、2019年9月以降はAE形 (2代)[注釈 13]、2020年1月21日からは一部通勤車でも行先表示の「京成」を省略しない。他にも、京成上野駅京成曳舟駅京成八幡駅の駅名標では「京成」が省略されていないが、車内放送などでは「京成」が省略されている。
路線図でも京成津田沼駅を除き「京成」を省略していたが、2019年頃より全駅で省略しない表記に切り替えた[53][54][55]
乗り入れ先の他社路線でも、基本的に「京成」を省いて案内するが、扱いが異なる。
京浜急行電鉄や都営浅草線では、多くが「京成」を省いて案内しているが、駅の時刻表や路線図の一部では「京成」が冠されている場合がある。逆に、京成線内では「京急○○」から「京急」を省いて案内することもある(例:京急久里浜→久里浜)。
北総鉄道では、駅名標や路線図では「京成」を省いているが、駅の案内放送や発車標では「京成」を冠して案内している(例:上野行きの場合「京成上野」と表示・案内される)。
駅入口の駅名表示では、かつては近くに同名駅がある場合(例:上野・船橋)に「京成」が冠され、無い場合(例:立石)は「京成」が冠されていなかった。ただし、2013年以降の新案内サインでは、同名駅が無い場合でも「京成」が冠される場合がある一方で、これまで「京成」が冠されていた駅の駅名標が「京成」を冠さない物に取り替えられる場合[注釈 14]があり、この法則は必ずしも当てはまらなくなっている。
関屋・高砂・大和田・立石の各駅は、同名駅が同都県内ではないので混同される恐れはない。
上野・八幡(本八幡)・船橋・成田・金町・幕張本郷・幕張・千葉の各駅は、同名(または括弧内)のJR、地下鉄、モノレールの駅と近接していて徒歩で乗り換えが可能である。
幕張を除く各駅を接続駅とする定期券が発売されている(連絡運輸あり)。
幕張本郷は京成を冠さない日暮里・空港第2ビル・成田空港・東松戸などと同じく、JRの駅と完全に同一駅舎である。
小岩・中山(下総中山)・西船(西船橋)・津田沼・佐倉・酒々井・曳舟・稲毛の各駅は、同名駅(または括弧内の駅)での他社線への乗り換えに時間がかかる。徒歩5分から10分程度の距離にある小岩・西船・中山・曳舟・稲毛が振替輸送で使われる程度で、その他の駅については徒歩では20分以上要し連絡はバスに頼らざるを得ないため乗り換えには使われない。
なお、異名の連絡駅としては関屋が東武伊勢崎線牛田と至近距離にあるため乗り換えが可能であり、両駅の近辺に限られるが連絡乗車券も発売されている。
中山は、横浜市に同名の中山駅が存在する(JR東日本横浜線横浜市営地下鉄グリーンラインの乗換駅)。ほかに、高知県とさでん交通伊野線中山停留場」がある。なお阪急宝塚線にも同名の駅(兵庫県宝塚市)が存在していたが、2013年末に中山観音駅に改称されている。
八幡はかつて「新八幡駅」という駅名で、隣駅に「八幡駅」があったが、1942年8月に八幡駅が新八幡駅に統合され、同年11月に新八幡駅が現在の京成八幡駅に改称している。なお、北九州市JR九州 鹿児島本線の駅である同名の八幡駅が存在するが、読みは「やはた」である。また、他社私鉄では名鉄豊川線に同音の「八幡駅」が、遠州鉄道に同字異音の「八幡(はちまん)駅」が存在する。
大久保は京成の乗り入れる東京都にあり、本線京成船橋駅と船橋駅で連絡しているJR東日本中央・総武緩行線大久保駅が存在する(ただしこの駅は新宿区に所在し、京成の路線は同区には乗り入れない)。ほかに秋田県奥羽本線の「大久保駅」、京都府近鉄京都線の「大久保駅」、兵庫県に山陽本線の「大久保駅」が存在する。
臼井は、福岡県嘉穂郡碓井町(現・嘉麻市)にJR九州上山田線の駅として同名の臼井駅が存在していたが、1988年に同線が廃止されたため、現在は存在していない。なお、京成が相互直通運転を行なっている北総鉄道白井駅と混同されないよう、同駅は長らく「うすい」と平仮名で表記してきたが、「京成」の省略を取りやめた掲示類では正式名称である「京成臼井」と表記されるようになった。
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/23 12:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant